【ホンダ ZR-V】さりげないドレスアップに注目、純正アクセサリー装着車が横浜の展示会に登場

ホンダ ZR-V Premium Style(プレミアムスタイル)
ホンダ ZR-V Premium Style(プレミアムスタイル)全 27 枚

2023年春発売予定の新型SUV、ホンダ『ZR-V』。純正アクセサリー装着車の「Premium Style(プレミアムスタイル)」が神奈川県横浜市の展示会に登場した。

正式発表を今秋に控え、現在先行予約受付中の同車は、全国のディーラーやショッピングモールなどで特別先行展示を行っている。今回の会場は、横浜ベイクォーターの3階ゲート広場。横浜駅西口からベイクォーターに向かう空中回廊の正面入り口になるエリアだ。純正アクセサリー装着車「プレミアムスタイル」と、スタンダードグレードのX、上級グレードのZ(全てe:HEVモデル)の3台が展示され、来場者を出迎える。初めてZR-Vの実車を見る人も多かったようで、展示会オープンの11時になると注目を一身に集めていた。

ホンダ ZR-V Premium Style(プレミアムスタイル)ホンダ ZR-V Premium Style(プレミアムスタイル)

なかでもプレミアムスタイルは、ZR-Vが元々持つ上質な色気に、スタイリッシュで品のある独自の世界観をさりげなくトータルコーディネートしたモデル。展示車両はプレミアムクリスタルブルーメタリックのボディカラーを纏う。

シルバーのフロントロアースカート、サイドロアーガーニッシュ、リアロアーガーニッシュがボディ下端を縁取り、上質さの中に少しスポーティーなアクセントを加えている。上部に目を向けるとブラックアウトされたドアミラーカバー、リアライセンスガーニッシュ、テールゲートスポイラーが全体を引き締める。

ホンダ ZR-V Premium Style(プレミアムスタイル)ホンダ ZR-V Premium Style(プレミアムスタイル)

訪れた人は、「ティザーサイトで見るよりもデザインがよく、フォグカバーのスタイリングもいい」「標準車よりもプレミアムスタイルの方がかっこいい。輸入車っぽく見えてこっちの方が好きかも」と話していた。初日はドアを開放していなかったが、窓越しに11インチナビの大型モニターを確認する人の姿も見られた。

また、プレミアムスタイルにはインテリアを上質な輝きで演出するサイドステップガーニッシュやフットライト、リアゲートを開けた際にラゲッジのエンドが光るリアパネルライニングカバーイルミネーション、パドルライトなどのイルミネーションアイテムも用意されている(ドアの開閉が可能かは現地で確認が必要)。

ホンダ ZR-V Premium Style(プレミアムスタイル)ホンダ ZR-V Premium Style(プレミアムスタイル)

横浜ベイクォーターでの特別先行展示会は9月24日まで開催されている。時間は11時から19時まで。

《雪岡直樹》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ヤマハ発動機と新明和工業、小型航空機の初期飛行試験に成功…499cc 2気筒エンジン搭載
  2. トヨタ ハリアーPHEV を新設定…システム最高出力306ps、EV走行距離93km
  3. メルセデスAMG「C63」新型、量産4気筒世界最強の2.0リットルエンジン搭載
  4. 後席にもバケットシート装備!? BMWの本気セダン『M3 CS』の超過激なスペックとは
  5. 【スズキ SV650X ABS 試乗】バイクに乗って自分を変えたい若者によく似合う…丸山浩PR
  6. ハイソカーの代名詞だった、マークII、チェイサー、クレスタ3兄弟【懐かしのカーカタログ】
  7. 最後の純ガソリン軽ホットハッチ!? スズキ『アルトワークス』次期型、2022年内登場か
  8. シトロエン ベルランゴが名車『2CV』に変身…フルゴネット欧州発表
  9. トヨタの世界生産計画、10万台減の80万台へ下方修正 10月
  10. ケータハム『セブン』に2つの新型車、スズキ製ターボエンジン搭載車も…欧州発表
ランキングをもっと見る