12/7申込締切【オンラインセミナー】脱炭素社会のモビリティ戦略2023

12/7申込締切【オンラインセミナー】脱炭素社会のモビリティ戦略2023
12/7申込締切【オンラインセミナー】脱炭素社会のモビリティ戦略2023全 1 枚

株式会社イードは、脱炭素社会のモビリティ戦略2023を12月9日(金)に開催します。プレミアム会員は無料、プレミアム会員以外の方は参加費22,000円となります。開催前日の夕刻に視聴のためのご案内をお送りいたします。



-------------------------------------------------------------------------
開催日時:2022年12月9日(金)11:00~12:00
申込締切:2022年12月7日(水) 12:00
参加費:22,000円(税込み)※プレミアム会員は無料
-------------------------------------------------------------------------

<講師>
一般財団法人計量計画研究所 理事 兼 研究本部 企画戦略部長 牧村 和彦 氏

脱炭素社会を目指したビジョンや戦略が官民で続々と発表されています。コロナ禍でビジョンの実現が一気に加速し、世界では人間中心、移動×都市のDXによるBeyond MaaSが始まっています。本講演では、脱炭素社会時代の新しいまちづくりの新潮流、モビリティ革命による都市変革の最前線について、不動産協会賞や交通図書賞を受賞し、モビリティデザイナーとしても活躍する牧村博士から学びます。

1.世界で始まる脱炭素社会のモビリティ戦略
2.世界は人間中心の社会へ
3.脱炭素時代のMaaS
4.モビリティ革命が都市(まち)を変える
5.質疑応答

インタビュー

カーボンニュートラル時代のMaaSと自動車業界

講師プロフィール

牧村 和彦 氏
一般財団法人計量計画研究所 理事 兼 研究本部 企画戦略部長 

モビリティデザイナー。東京大学 博士(工学)。
筑波大学客員教授、神戸大学客員教授。南山大学非常勤講師
都市・交通のシンクタンクに従事し、将来のモビリティビジョンを描くスペシャリストとして活動。
代表的な著書に、「MaaSが都市を変える(学芸出版社)、不動産協会賞2021」、「MaaS(日経BP、共著)」、「Beyond MaaS(日経BP、共著)、交通図書賞他」等多数

主催

株式会社イード

オンラインセミナー概要

・Microsoft Teamsを使用したライブ配信です。アカウント無でもPC、タブレット、スマホなどから視聴可能です。
・セミナー中は音声での会話はできません。webで質問を記入して講師に質問ができます。
・開催前日の夕刻にお申込いただいたメールアドレス宛に視聴用のURL、PDF資料、質問記入先をお送りいたします。

注意事項

・オンラインセミナーは、インターネット経由でのライブ中継ですので、回線状態などにより、画像や音声が乱れる場合があり、また、状況によっては、講義を中断し、再接続して再開する場合があります。
・万が一、インターネット回線状況や設備機材の不具合により、開催を中止する場合があります。この場合、受講料の返金や、状況により後日録画を提供すること等で対応させていただきます。
・参加費は1名につき22,200円(税込)です。複数名で視聴する場合は視聴する人数分のお申込が必要です。

連絡先

お問い合わせはこちらから



《レスポンス編集部》

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 「交通違反切符への押印は義務ではない」警察庁が通達
  2. トヨタ プリウス PHEV 新型、米国仕様はEVモード40km…ロサンゼルスモーターショー2022
  3. 旅行のために日常を犠牲しないシンプルな車中泊モデル…フィールドスタイルジャンボリー
  4. 猫のクルマ入り込みトラブルはどう防ぐ? 習性を理解して日頃から確認を
  5. 車内でスマホをより便利に使える、最新“Bluetoothグッズ”!【特選カーアクセサリー名鑑】
  6. 日産『GT-R』のV6ツインターボを700馬力に強化、プラーガが新型ハイパーカー発表
  7. 【さよならホンダ インサイト】後期型で450km試乗、ここまで変わったことをなぜもっと発信しなかったのか
  8. 【スズキ アドレス125 新型】“通勤快速”がグローバルモデルに成長して帰ってきた
  9. BMW M史上最強のストレート6搭載、『3.0 CSL』発表…560馬力ツインターボ
  10. 【トヨタ プリウス 新型まとめ】大変身ハイブリッドはどう受け止められるか
ランキングをもっと見る