アウディ第3の電動クーペSUVをスクープ!『Q6スポーツバック e-tron』そのパフォーマンスは

アウディ Q6スポーツバック e-tron プロトタイプ(スクープ写真)
アウディ Q6スポーツバック e-tron プロトタイプ(スクープ写真)全 17 枚

アウディは9月に開催された「IAAモビリティ2023」にて、新型の電動クロスオーバーSUV『Q6 e-tron』をワールドプレミアしたが、そのクーペSUVタイプとなる「Q6スポーツバック e-tron」が導入されることが確実となった。

Q6 e-tronは、弟分『Q4 e-tron』と兄貴分『Q8 e-tron』の間を埋める新規モデル。すでに両モデルには「スポーツバック」が導入されており、これに追随する形でクーペSUVタイプが投入される。

◆600psの最強モデルも? 「Q6スポーツバック e-tron」

今回捉えたプロトタイプは、カモフラージュがボディ全体を覆っているが、二段構えの次世代LEDデイタイムランニングライトが露出している。フロントマスクのデザインがQ6 e-tronと共通ならば、ヘッドライトの間にはワイドなクローズドグリルが備わっているはずだ。

アウディ Q6スポーツバック e-tron プロトタイプ(スクープ写真)アウディ Q6スポーツバック e-tron プロトタイプ(スクープ写真)

Q6 e-tronとの最も大きな違いはBピラー以降のルーフで、テールランプにかけて大きく弧を描くようにラウンドしているのがはっきりとわかる。後席の頭上スペースにも配慮されているであろう形状だ。リアを見ると、最新のアウディデザインのトレンドとなっている左右ひとつなぎのテールランプが露出している。またQ6 e-tronで見られるルーフスポイラーがなく、その代わりにハッチガラスの下にコンパクトなリップスポイラーが装着されていることも判明した。

キャビン内の多くはQ6 e-tronと共通と思われ、湾曲したOLED「MMIパノラマディスプレイ」を搭載。11.9インチのデジタル・インストルメントクラスターと、14.5インチのインフォテインメントスクリーンで構成される。また助手席には10.9インチのMMIスクリーンがあり、ドライバーの気を散らすことなく映画観賞も可能となっている。

Q6スポーツバック e-tronは、ポルシェ『マカンEV』と「PPE」(モジュラー・プレミアム・プラットフォーム・エレクトリック)アーキテクチャを共有。パワートレインについては現時点では詳細をつかめていないが、最高出力375psを発揮するデュアルモーターの搭載が予想されるほか、より高性能なパフォーマンスモデル「SQ6」では最大510psに、さらに「RS Q6」では最大600psにも達するとの情報もある。

《APOLLO NEWS SERVICE》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. キメラ『EVO38』、伝統の血統を継ぐ最新スポーツカー
  2. これが次期型BMW『X3』だ! 発表は今秋? 最終デザインを大予想
  3. [15秒でわかる]トヨタ『カローラクロス』改良新型…都会的で引き締まった顔つきに
  4. 釣りをより快適に、ヤマハ発動機が新型フィッシングボート「YFR330」発売へ
  5. 【VW Tクロス カッパースタイル 新型試乗】細かいことに目くじらを立ててはいけない…島崎七生人
  6. <新連載>[カーオーディオ・素朴な疑問]純正スピーカーって、音が悪いの?
  7. あの『i-ROAD』の元トヨタエンジニアが新会社で挑む「無駄のないモビリティ」とは
  8. 【トヨタ ヴェルファイア 新型試乗】アルファードにはないターボ仕様を選ぶ価値…中村孝仁
  9. [低音増強でカーオーディオはもっと楽しくなる]「ドアスピーカー」の低音再生能力を引き出す!
  10. 樹脂パーツの救世主! DIYで使える強力補修剤とは?~Weeklyメンテナンス~
ランキングをもっと見る