圧倒的排気効率を実現しつつ音量基準もクリア! HKSからGRスープラ用「スーパーターボマフラー」が新登場

圧倒的排気効率を実現しつつ厳しい音量基準もクリア! HKSからGRスープラ(DB22/DB26)用「スーパーターボマフラー」が新登場
圧倒的排気効率を実現しつつ厳しい音量基準もクリア! HKSからGRスープラ(DB22/DB26)用「スーパーターボマフラー」が新登場全 7 枚

チューニングパーツメーカーのHKS(エッチ・ケー・エス)が「スーパーターボマフラー」TOYOTA GRスープラ(DB22/DB26)用のラインナップを追加。販売開始は12月5日から。

圧倒的排気効率を実現しつつ厳しい音量基準もクリア! HKSからGRスープラ(DB22/DB26)用「スーパーターボマフラー」が新登場圧倒的排気効率を実現しつつ厳しい音量基準もクリア! HKSからGRスープラ(DB22/DB26)用「スーパーターボマフラー」が新登場

「スーパーターボマフラー」は圧倒的排気効率を実現しつつ厳しい音量基準もクリアしたスポーツマフラー。GRスープラ用では車両のマイナーチェンジ(DB22⇒DB26)により、車両の騒音規制が今までより厳しい市街地加速騒音フェーズ2(規制値71dB)に変更となったが、2023年11月現在で唯一対応できているのが今回発売のDB26用事前認証適合マフラーとなっている。※DB22の騒音規制はフェーズ1(規制値73dB)

純正パイプ径70mm×1に対して直径75mm×1+直径65mm×2+直径70mm×2のレイアウトで、テールは直径110mmの左右2本出しを採用。中間パイプに追加したサイレンサーにより、常用回転域の不快なこもり音を抑えながらも心地よいスポーツサウンドを両立。純正モーターを移設できるバルブ構造の採用により各モード切替もそのまま使用が可能となっている。

圧倒的排気効率を実現しつつ厳しい音量基準もクリア! HKSからGRスープラ(DB22/DB26)用「スーパーターボマフラー」が新登場圧倒的排気効率を実現しつつ厳しい音量基準もクリア! HKSからGRスープラ(DB22/DB26)用「スーパーターボマフラー」が新登場

音量は純正81dBに対して87dBで低回転時はほど良く低音が響き、回転が上がるにつれて中高音域に変わり、スポーティーでクリアーなサウンドを堪能することができる。HKS Mastery ECUとの組合わせでは約5.6kW出力ピークが向上。トルクのピークも約13.5Nm向上し、最大差では18.5Nmと大きく向上するデータを計測している。


圧倒的排気効率を実現しつつ厳しい音量基準もクリア! HKSからGRスープラ(DB22/DB26)用「スーパーターボマフラー」が新登場圧倒的排気効率を実現しつつ厳しい音量基準もクリア! HKSからGRスープラ(DB22/DB26)用「スーパーターボマフラー」が新登場 ■スーパーターボマフラー[31029-AT009]
圧倒的排気効率を実現しつつ厳しい音量基準もクリア! HKSからGRスープラ(DB22/DB26)用「スーパーターボマフラー」が新登場圧倒的排気効率を実現しつつ厳しい音量基準もクリア! HKSからGRスープラ(DB22/DB26)用「スーパーターボマフラー」が新登場価格:¥495,000(税込)
適合車種:TOYOTA GRスープラ(DB22 2019年5月~2022年9月/DB26 2022年10月~)
圧倒的排気効率を実現しつつ厳しい音量基準もクリア! HKSからGRスープラ(DB22/DB26)用「スーパーターボマフラー」が新登場圧倒的排気効率を実現しつつ厳しい音量基準もクリア! HKSからGRスープラ(DB22/DB26)用「スーパーターボマフラー」が新登場※近接排気音(ノーマル):87dB(81dB)/アイドリング65dB(58dB)
※最低地上高:118mm(中間パイプ)
圧倒的排気効率を実現しつつ厳しい音量基準もクリア! HKSからGRスープラ(DB22/DB26)用「スーパーターボマフラー」が新登場圧倒的排気効率を実現しつつ厳しい音量基準もクリア! HKSからGRスープラ(DB22/DB26)用「スーパーターボマフラー」が新登場※主要材質:SUS30

《ヤマブキデザイン》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 4連スロットルはなぜ偉い? NAチューンの極みがもたらす鋭利なエンジン性能~カスタムHOW TO~
  2. 「大人の秘密基地」バグトラックパネルバンが首位獲得…キャンピングカーランキング 2月
  3. 3月発売の新型コンパクトSUV、ホンダ『WR-V』で車中泊はできる…? 最大クラスの荷室で4人キャンプも快適に
  4. ヤマハ「パフォーマンスダンパー」が累計300万本、トヨタやホンダ車にも採用
  5. BMW R1250GSアドベンチャー、日本限定の特別仕様車発売
  6. ホンダ『グロム』のレース車両、HRCが手掛ける胸躍る走り…東京オートサロン2024
  7. マッスルスポーツ『チャージャー』新型が3月5日デビューへ…ダッジが予告
  8. ランチア・ラリーの復刻&進化:キメラ『EVO38』がジュネーブモーターショー2024に登場
  9. STIの調律、走りに愉しさと悦びを…東京オートサロン2024
  10. ポルシェ『タイカン』、「史上最もダイナミック」な新グレード発表へ…3月11日
ランキングをもっと見る