これが次期型BMW『X3』だ! 発表は今秋? 最終デザインを大予想

BMW X3 次期型 予想CG
BMW X3 次期型 予想CG全 8 枚

BMWの屋台骨を支える主力クロスオーバーSUV『X3』。その次期型のデザインに関する最新情報をスクープ班が入手した。今年9月にもデビューするとみられる次期型X3はどのように変わるのか?

次期型X3は、BMWの他モデルと同様にICE(内燃機関)とBEV、2種類のバージョンが登場する。BEVの『iX3』は新たな電動車プラットフォーム「Neue Klasse(ノイエ・クラッセ)」を採用すると思われるが、ICEは従来の「CLAR」をアップデートしたものが採用されると伝えられている。

これまでも度々、開発中のプロトタイプ車両をスクープしてきたが、エクステリアデザインについては厳重なカモフラージュのおかげで詳細は不明なままだ。そこで入手した最新情報をもとに、海外自動車メディア「KOLESA RU」協力のもと予想CGを作成。完全プレビューを試みた。今回予想するのはICE版のX3だ。

BMW X3 次期型 予想CGBMW X3 次期型 予想CG

全体的なデザインのテイストは最新モデルの『X1』や『X2』、そして『5シリーズ』の流れを受け継いだもの。L字型LEDデイタイムランニングライトを内蔵したシャープなヘッドライトが特徴だ。複雑な形状のインテークを持つバンパーはかなりアグレッシブなイメージとなる。

サイドビューはキャラクターラインが抑えられ、すっきりとした印象に。ただウインドウとベルトラインはリアに向けてキックアップしており、全体としてスポーティなプロポーションを演出する。ドアハンドルはフラットタイプとなるようだ。リアは「X」をモチーフとしたLEDテールライトが印象的だ。

BMW X3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)BMW X3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

インテリアについては、これまでのスクープから12.3インチのデジタルインストルメントクラスターと14.9インチのインフォテインメントシステムを組み合わせた「カーブド・ディスプレイ」を初搭載することがわかっている。センターコンソールには、スイッチのようなギアシフターと新iDriveコントローラーが装備され、かなりミニマルなデザインが採用される。

ICE版のパワートレインは、最高出力259ps、最大トルク400Nmを発揮する2.0リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載する可能性があるほか、プラグインハイブリッドをラインナップ。また特定の市場ではディーゼルエンジンも継続されるとみられる。

次期型X3のワールドプレミアは、2024年9月と予想されている。最新情報が届き次第、お伝えしていこう。

《APOLLO NEWS SERVICE》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. スポーティだけど“eバイク”じゃない!? ヤマハの新型『PAS CRAIG』に乗ってわかったブレない"ちょうど良さ"
  2. 走行距離10万kmは通過点! 42.195万kmをめざせ
  3. その差は歴然!? 見た目は同じでもカロッツェリア・サイバーナビ AVIC-CQ912 ll → lll の進化は凄かった
  4. ランクル人気で『サファリ』復活説も浮上? 日産『パトロール』次期型はどうなる
  5. トヨタ『スターレット』復活! 2026年デビューか?
  6. 発表直後の『XSR900 GP』に長蛇の列も、赤レンガにヤマハ車ずらり 新規ファン創出へ魅力アピール
  7. アントレックスが折りたたみ電動スクーター『MK114』発売へ、軽自動車にも積載可能
  8. 40アルファードの静粛性が一変!調音施工で快適性が飛躍的に向上
  9. 「2024年問題」に三菱ふそうと警察庁が動いた…新聞ウォッチ土曜エディション
  10. 取り付けは約10秒、カーメイトが「ワイドリアビューミラー」発売…ジムニー、ランクル、ヤリスなどの純正ミラー用
ランキングをもっと見る