ランクル250の原点、初代『ランドクルーザー・プラド』が見せた「90’sのモダーン」【懐かしのカーカタログ】

トヨタ・ランドクルーザー・プラド(初代)当時のカタログ
トヨタ・ランドクルーザー・プラド(初代)当時のカタログ全 9 枚

「40系ランドクルーザー」の発展型として1984年に誕生した「70系」。翌年の1985年にはライトデューティ指向のワゴンが誕生。その発展型として1990年に登場したのが最初の『ランドクルーザー・プラド』だった。

トヨタ・ランドクルーザー・プラド(初代)当時のカタログトヨタ・ランドクルーザー・プラド(初代)当時のカタログ

「これからの4WD。90’sのモダーン、プラドです。」と、カタログの最初のページにそんな文言があるものの、基本的なスタイルは70系のそれを踏襲。ヘッドランプが70系の丸方に対して角型なのは特徴のひとつ。

またボディバリエーションは4ドアと2ドアの2種類だったが、2ドアは70系がホイールベースが2種類(2600mm、2310mm)だったのに対し、プラドでは2ドアのホイールベース2600mmが省かれた。

トヨタ・ランドクルーザー・プラド(初代)当時のカタログトヨタ・ランドクルーザー・プラド(初代)当時のカタログ

インテリアも基本形は70系のそれを踏襲しながら装備類が充実するなどした。とはいえデジタル表示の室内/室外温度計、高度計を組み合わせたアクセサリーメーター、CDプレーヤー&カセット一体AM/FMマルチ電子チューナー付きラジオ+5スピーカーのオーディオ、ワンタッチ式パワーウインドゥ、ドアキー連動パワードアロックなどを設定。『パジェロ』に倣ったサスペンションシートの設定もあった。

トヨタ・ランドクルーザー・プラド(初代)当時のカタログトヨタ・ランドクルーザー・プラド(初代)当時のカタログ

サスペンションは前:リーディングアーム、後:トレーリングアームとしたリジッド式コイルスプリングを採用。減衰力可変式ショックアブソーバーも設定。パワーロッキングハブ&ワンタッチ2-4セレクター、リヤの電動デフロックなども備えた。

搭載エンジンは、当初は2446ccの水冷4気筒OHCディーゼルターボの2L-TE型(ネット97ps/24.5kg-m)を搭載。トランスミッションには5速MTのほか、パワー/ノーマルが切り換え可能な電子制御4速ATを用意した。

《島崎七生人》

島崎七生人

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト 1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。

+ 続きを読む

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. クラファンでは4日で完売…ソフト99がホイール洗浄用ブラシ「奥洗王〈おくあらおう〉」を一般販売開始
  2. 【マツダ CX-60 新型試乗】あえての辛口評価も、ポテンシャルあればこそ…中村孝仁
  3. ドゥカティ、アイルトン・セナを称える『モンスター』発表…世界限定341台
  4. 『セリカ』はGRで登場か? エンジンは?---トヨタの名車復活計画
  5. 引退した東京メトロ『03系』ふたたび! 能登半島地震復興支援チャリティ撮影会ツアー
  6. マツダの新型SUV『CX-70』、ターボ+ハイブリッド搭載…メキシコ市場に導入へ
  7. ポルシェ『マカン』新型、EVを生産開始…航続591km
  8. 【ホンダ フリード 新型】「開発者もターゲット層」だからこそ実現できた3列目シートと車内空間
  9. 【メルセデスベンツ Eクラス 新型試乗】「いいセダンこそいいクルマ」を再認識…島崎七生人
  10. スズキ『ジムニー 5ドア』に500台限定の「ヘリテージ」仕様…オーストラリアで発表
ランキングをもっと見る