「カムリ」がなくても日本にはレクサス『ES』がある!次期型はブランド初のEVセダンに

レクサス ES 次期型の予想CG
レクサス ES 次期型の予想CG全 8 枚

トヨタは2023年11月、北米で第9世代となる新型『カムリ』を発表したが、日本市場では2023年12月をもって生産が終了しており、新型が日本で販売されることはない。しかし、カムリのレクサス版にあたる『ES』のフルモデルチェンジは導入が期待できそうだ。

スクープ班が入手した最新情報をもとに、次期型ESの姿にせまる。

トヨタ カムリ 新型(XSE)トヨタ カムリ 新型(XSE)

ESは1989年に北米市場でレクサスが誕生して以来、『LS』とともに同ブランドを牽引しているミドルサイズセダンだ。7代目となる現行型は2018年にデビューし、日本市場にも初めて導入された。2021年には大幅改良が行われているが、すでに6年が経過しており、フルモデルチェンジのタイミングを迎えている。

次期型ESはカムリと同様に「GA-K」プラットフォームを採用、ボディサイズはほぼ同じながら、高速安定性や剛性が向上する。

ラインアップについてだが、2024年4月、5月に日本特許庁にて「ES350h」、「ES300e」、「ES500e」の名称が商標出願されていることが発覚しており、現在の「ES300h」が「ES350h」に変更される可能性が高い。

レクサス ES 次期型の予想CGレクサス ES 次期型の予想CG

ただし、排気量は3.5リットルではなく、2.5リットル直列4気筒ターボ「Dynamic Force Engine 」とハイブリッドシステム「高性能マルチステージTHS II」を搭載、最高出力は前輪駆動モデルが240psへ、日本市場にも新たに導入されるAWD仕様では245psへと高められることが予想される。

気になるのは「ES350e」「ES500e」の存在だ。ご存知のとおり「RZ450e」をはじめ、レクサスのEVモデルにはすべて「e」の文字が使用されていることから、フルエレクトリックモデルであることは間違いない。つまり次期型は、レクサスにとって初のフルEVセダンとなりそうだ。そして500eは上位モデルに位置づけられ、4輪駆動制御技術「DIRECT4(DIRECT4 Wheel Drive Force Control)」が採用されると思われる。

次期型レクサス ESのワールドプレミアは、最速で2024年内が予想される。

《APOLLO NEWS SERVICE》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 日本発の高性能EV『アウル』、最高速438.7km/hを記録…世界最速の電動ハイパーカーに
  2. アルピーヌ初のEV、コンパクトハッチ『A290』欧州発表…220馬力モーター搭載
  3. 日産『ノートオーラ』がマイナーチェンジ、90周年記念車と“大人のオーラ”「AUTECH」も新設定
  4. 新マスク採用、ルノー『キャプチャー』改良新型の受注を欧州で開始
  5. 紙の切符にパチン! 西武池袋線の4駅で復活
  6. [15秒でわかる]日産『キャシュカイ』改良新型…e-POWER設定
  7. トヨタ系販社11社での修理費過大請求、1年半で計1万6184件に[新聞ウォッチ]
  8. トヨタ『カローラハッチバック』2025年型…新設定の「ナイトシェード」はスポーティ&スタイリッシュ[詳細画像]
  9. トヨタ認証不正「国連基準」も満たさず、海外でも生産できない可能性[新聞ウォッチ]
  10. いすゞのSUV『MU-X』に改良新型、表情一新…タイからグローバル展開へ
ランキングをもっと見る