ランチア『イプシロンHF』、開発にWRC王者が参画…2025年発売予定

ランチア・イプシロン HF
ランチア・イプシロン HF全 5 枚

ランチアは6月7日、『イプシロンHF』と『イプシロン・ラリー4 HF』の開発に、1988~1989年にWRC(世界ラリー選手権)を制したミキ・ビアシオン氏が参画すると発表した。

ランチア・イプシロン HFランチア・イプシロン HF

2025年には、240hpの電動モーターを搭載した高性能モデル、イプシロンHFが発売される予定だ。また、ランチアは2025年、若手ドライバーの育成を目的としたイプシロン・ラリー4 HFを投入し、ラリー界に公式に復帰する。この2つの新モデルは、5月末にプレビューされ、ランチアのモータースポーツへの強い結びつきとその歴史的な成功を強調した。

ビアシオン氏は、ランチアの歴史において象徴的な存在であり、15回の世界ラリー選手権、3回のコンストラクターズおよび耐久世界選手権など、多くのタイトルを獲得している。彼は1980~1990年代にかけて、ランチアの名を世界に広めた最も成功したイタリア人ドライバーだ。

ランチア・イプシロン HFランチア・イプシロン HF

ランチアブランドのルカ・ナポリターノCEOは、「ミキ・ビアシオン氏は、ランチアの歴史的なスポーツの成功に大きく貢献した人物であり、彼の経験は新モデルの開発において非常に重要」とコメントした。

ミキ・ビアシオン氏は、「イプシロン HFのセットアップとハンドリングの調整に参画できるのは光栄。また、イプシロン・ラリー4 HFの性能向上にも貢献できることをうれしく思う」と語っている。

ランチア・イプシロン 新型の「Rally 4 HF」ランチア・イプシロン 新型の「Rally 4 HF」

《森脇稔》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トヨタ認証不正「国連基準」も満たさず、海外でも生産できない可能性[新聞ウォッチ]
  2. アバルトがボートになった! 世界限定500艇…新型『オフショア』発表
  3. トヨタ“謝罪”株主総会スタート、「出席表明」の豊田章男会長は“ドタキャン”[新聞ウォッチ]
  4. 日産が車中泊モデル「MYROOM」ラインアップ拡充---バネットを投入予定
  5. 紙の切符にパチン! 西武池袋線の4駅で復活
  6. ウルトラスポーティ?! フィアットの小型ピックアップトラック『ストラーダ』に新仕様
  7. オフロード性能を極めたバス、「世界で最も頑丈」と標榜…チェコのトルサスが新型を発表
  8. 「特大グリル」ついに装着!? 世界に誇る『Sクラス』マイナーチェンジで驚きの進化へ
  9. テスラ『サイバートラック』が警察のパトロール車両に…年内に米国で納車開始へ
  10. トヨタ製の新型スーパーカー、いよいよ市販化へ!GRかレクサスか、テストで響くV8ターボの咆哮
ランキングをもっと見る