新マスク採用、ルノー『キャプチャー』改良新型の受注を欧州で開始

ルノー・キャプチャー 改良新型
ルノー・キャプチャー 改良新型全 5 枚

ルノーは6月12日、小型SUV『キャプチャー』(Renault Captur)の改良新型の受注を欧州で開始した。英国でのベース価格は、2万1095ポンド(約420万円)と発表されている。

ルノー・キャプチャー 改良新型ルノー・キャプチャー 改良新型

改良新型は、よりダイナミックな外観デザインと最先端の技術が特長だ。フロントエンドは、「ヌーヴェルR」の一体型ロゴを多面的なグリルに組み込み、よりエレガントで技術的な印象を与える。水平に高く設計されたボンネットと、ダイヤモンドを中心に波紋のように広がるラジエーターグリルの複数の反射が、新型キャプチャーの強いアイデンティティを際立たせた。

新しいライトシグネチャーには、全トリムレベルで標準装備のフルLEDテクノロジーが採用されている。ドアのリモートアンロック時には、新しいウェルカムシーケンスによりヘッドライトが点灯し、フレンドリーでモダンな印象を与える。

ルノー・キャプチャー 改良新型ルノー・キャプチャー 改良新型

リアエンドは、透明なライトハウジングと新しいロゴ、再設計されたディフューザーが組み合わさり、より現代的で高品質なイメージを追求している。ツートンカラーのボディワークは、アークティックホワイトやフレームレッドなど6色が用意されている。

インテリアには、「オープンRリンク」マルチメディアシステムや最大10.25インチのダッシュボードスクリーンを採用した。新しい内装材は、全トリムレベルでプレミアムなルックスとフィールを追求している。

ルノー・キャプチャー 改良新型ルノー・キャプチャー 改良新型

オープンRリンクは、「Android Automotive 12」を世界で初めてBセグメント車に採用した。新しい10.4インチの縦型タッチスクリーンは、直感的な操作性と豊富なサービスを可能にする。オープンRリンクは、スマートフォンのように直感的でハイパーコネクテッドな体験を提供する。Android AutoやApple CarPlayにも対応し、Googleのサービスを指先で使えるようにしている。

《森脇稔》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【スバル レヴォーグレイバック 新型試乗】安全安全ってアピールするけれど、特別すごいの?…岩貞るみこ
  2. スズキ『KATANA』がピザカッターになった…「ピザカッターナ」2000個限定で予約販売
  3. アウディが幻のスポーツセダンを現代の技術で再現、16気筒スーパーチャージャーは520馬力
  4. [夏のメンテナンス]気温35度でも安心! 夏のエンジンオイル管理法を徹底解説
  5. 『ドラゴンボール』悟空とベジータがドリフトパフォーマンス、フュージョン!?
  6. ラジコンみたいなスポーツカー発売!? 英アリエルの新型『ノマド2』はオフロードもお手のもの
  7. 次世代ロータリースポーツ『RX-9』登場は2025年!? 特許申請を確認「アクティブリアスポイラー」採用は
  8. 高みを目指すサウンドカーが集結!『第11回ヨーロピアンサウンドカーオーディオコンテスト』注目車レビュー Part. 1
  9. 【ホンダ フリード 新型】AIRの外観はシンプルながらも上質[詳細画像]
  10. 日産『GT-R』最後の北米限定車「T-spec 匠エディション」&「スカイライン・エディション」がエモすぎる[詳細画像]
ランキングをもっと見る