【CeBIT06】インテルが車載用ITのプラットフォーム開発へ

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
【CeBIT06】インテルが車載用ITのプラットフォーム開発へ
【CeBIT06】インテルが車載用ITのプラットフォーム開発へ 全 1 枚 拡大写真
ドイツのハノーバーで9日から15日(現地時間)まで開催されている国際見本市CeBITでは、インテルが、車載用のIT技術に関し、オープンなプラットフォームを開発すると発表した。

これはインテルと、自動車用のオーディオや情報処理機器を製造しているハーマン・インターナショナル(Harman international)が提携し、共同で車載用IT技術のオープン・プラットフォームを策定するもの。

このプラットフォームに基づいた製品は、ハーマン・インターナショナルから、2007年に発売される予定。

《》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • フォルクスワーゲングループのCDO (Chief Digital Officer)であるヨハン・ユンクビルト氏
  • e.GO Life
  • フォルクスワーゲンのブース(CEBIT 2018)
  • ZFとDFKI(ドイツ人工知能研究センター)が共同開発したAI導入で理想的な工場生産性を実現するインダストリー4.0システム「BaSys 4.0」
  • BMW 4シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズグランクーペ プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ ヤリス 次期型 高性能モデル(スクープ写真)
  • メルセデス AMG GLB45 スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2006/03/13/80178.html/article/2006/03/13/80176.html/article/2006/03/13/80180.html