東急と総合車両製作所、次世代ステンレス車両「サスティナ」を共同開発、5月中旬に実用化

鉄道 企業動向
東急次世代ステンレス車両「サスティナ」
東急次世代ステンレス車両「サスティナ」 全 1 枚 拡大写真
東京急行電鉄と総合車両製作所は、共同開発を進めていた次世代ステンレス車両「サスティナ」第1号車両を、東急電鉄5050系として5月中旬に東横線へ導入すると発表した。

サスティナは、車体鋼板接合で従来のスポット溶接からレーザー溶接による連続溶接を採用することで、フラットですっきりした外観デザインの実現と水密性を向上、骨組の軽量化などで、アルミ車両と同等の車体軽量化を実現しているのが大きな特長。

これまでの車両に比べて走行時の消費電力量削減などによる省エネルギー性の向上を図る。室内壁面もフラットですっきりとした内装デザインとした。内装ロールバー構造採用で、車体側面からの衝突安全性も向上した。

東急電鉄と総合車両製作所は今後も、鉄道利用者、鉄道事業者各社にとって魅力的な、次世代ステンレス車両の開発・導入に取り組む。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 「ウィング・シート」サービスを行なっている京急の2ドア・クロスシート車2100形。
  • 斜面崩壊が発生した五十崎~喜多山間。
  • 瀬戸内海の「青」と海岸線から見える波の「白」をイメージしたツートンカラーとなる「etSETOra」の外観イメージ。エトセトラの「エト」を読み替えた「えっと」が広島弁で「たくさんの」「多くの」を意味することから、列車名は「『えっと』瀬戸の魅力を感じてほしい」という意味も込められているという。
  • 裏面が30分の1程度の地図となった「北の大地の入場券」。左は根室本線釧路駅、右は釧網本線釧路湿原駅のイメージ。
  • 高山本線飛騨一ノ宮~高山間の被災現場。
  • リニア静岡工区椹島ヤードにおける工事状況と準備再開内容。
  • パンダくろしお「サステナブル Smileトレイン」のデザイン。車両をつなぐリボンは「世界をつなぐパートナーシップであり、また世代をつなぐバトン」を表現したもの。
  • SL「やまぐち」号は所定ではD51 200が牽引するが、8月1日からの運転ではC57 1(手前)を充当する予定。

ピックアップ