三井物産、イスカンダルで賃貸用工場の開発事業…ヌサジャヤテックと合弁

エマージング・マーケット 東南アジア
イスカンダル・マレーシアロゴ
イスカンダル・マレーシアロゴ 全 1 枚 拡大写真
三井物産(本社・東京)は28日、ヌサジャヤ・テック・パーク社とジョホール州南部開発地域のイスカンダル・マレーシアのヌサジャヤ地区で賃貸用倉庫・工場事業に関する合弁契約を締結したと発表した。

合弁会社の出資比率は、三井物産が49%、ヌサジャヤ・テック・パークが51%となる。日系の製造業を中心とした顧客を誘致し、ヌサジャヤ・テック・パーク内の7区画を開発する。企業誘致活動が順調に進んだ場合は、事業開始後4年の完工が見込まれている。完工後4、5年を目処にシンガポールやマレーシア市場における不動産投資信託(REIT)などを通じた証券化も視野に入れた事業を展開していく。

三井物産は本事業を通じて、今後見込まれる日系製造業などのイスカンダル地区への移転に向けた不動産ソリューションの提供を目指す。これまで培ってきた産業系施設開発・テナントシーリング・金融事業の知見を活用するとともに、産業誘致、雇用創出によりメディニ地区でオフィスビルや住宅等の商業開発を行うスマート開発事業とのシナジーを追求していく方針だ。

広瀬やよい

この記事の写真

/

編集部ピックアップ

Swipe

Next
/article/2015/07/30/256752.html/article/2015/07/30/256751.html/article/2015/07/30/256753.html