【フランクフルトモーターショー15】BMW 7シリーズ 新型、初公開…先進装備満載の6代目

自動車 ニューモデル モーターショー
BMW 7シリーズ 新型(フランクフルトモーターショー15)
BMW 7シリーズ 新型(フランクフルトモーターショー15) 全 24 枚 拡大写真
ドイツの高級車メーカー、BMWは9月15日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー15において、新型『7シリーズ』を初公開した。

7シリーズは、BMWのフラッグシップサルーン。メルセデスベンツ『Sクラス』や、アウディ『A8』、ジャガー『XJ』、レクサス『LS』などと競合してきた。新型は、6世代目となる。

新型7シリーズの大きな特徴が、カーボンファイバーなどの素材を積極採用することによる軽量化。大幅な軽量化を実現した大きな要因が、電動化技術に特化した新ブランド、「i」の技術を応用したカーボン構造。これに、CFRP(カーボンファイバー強化樹脂)を組み合わせることで、先代比で最大130kgの大幅な軽量化を果たした。

数多くの先進装備が導入されているのも、新型7シリーズの特徴。中でも、「リモート・コントロール・パーキング」をオプションで用意。車を自宅ガレージなどに止める際、ドライバーは車から降りる。そして、キーを操作すれば、無人状態の車両が、極めて低速だが、自動でガレージ内に駐車してくれる。この逆に、ガレージから、遠隔操作で車両を引き出すことも可能。BMWは、「量産車としては世界初」と胸を張る。

また、新型7シリーズの「iDrive」には、「ジェスチャー・コントロール」を採用。これは、新型7シリーズが、BMW初となる装備。ダッシュボード中央のモニターに触れることなく、指の動きによって操作する。

ジェスチャーで操作できるのは、オーディオの音量コントロールや、携帯電話の着信の許可および着信拒否など。オプションで、さらに多くの操作が、ジェスチャーで可能になる。新型7シリーズでは、iDriveの操作を歴代モデルで初めて、タッチパネルで行えるようにした。

パワートレインでは、ガソリンエンジンが進化。「740i」が新世代の3.0リットル直列6気筒ターボで、最大出力326ps。「750i」は4.4リットルV型8気筒ターボの改良版で、最大出力450hpを発生する。

《森脇稔》

【画像】【フランクフルトモーターショー15】BMW 7シリーズ 新型、初公開…先進装備満載の6代目(24枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 車名は「GR S」に!? トヨタ GRヤリス がさらなるパワーアップ、迫力の外観を激写
  2. ロータス『エミーラ』に405馬力スーパーチャージャー、「V6ファーストエディション」を欧州発表
  3. 【ホンダ シビック 新型試乗】“G”世代にも響く?ドライバー重視の仕上がり…島崎七生人
  4. トヨタ クラウン 次期型、確定デザイン…FF? 4WD? SUV? 決着!!
  5. 新型ドラレコ、3カメラで前後左右さらに車内をフルハイビジョン録画 セルスターが発売
  6. シトロエン C4 新型、フランス本国では市場セグメントで販売首位
  7. これが日産の本気!コンパクトカーの概念を覆すノート オーラの真髄を女子編集者と中谷明彦がロングドライブで検証してみた!PR
  8. ホンダ シビック 新型、生産開始…米で初めてハッチバック組み立て
  9. 博物館でももう見ることができない商用車
  10. ホンダの電動SUV『プロローグ』、年間7万台販売へ…2024年北米発売予定
ランキングをもっと見る