曙ブレーキ、2016年のモータースポーツ活動計画を発表

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
マクラーレン・ホンダの2016年マシンMP4-31
マクラーレン・ホンダの2016年マシンMP4-31 全 1 枚 拡大写真
曙ブレーキ工業は3月3日、2016年のモータースポーツ活動計画を発表した。

同社は2007年よりF1マクラーレンチームへオフィシャルサプライヤーとしてブレーキシステムを供給し、世界最高峰のモータースポーツフィールドにおいて高性能への挑戦を続けてきた。2014年には同チームのテクノロジーパートナーとなり、更なるブレーキ技術の開発を重ねている。2016年もマクラーレン・ホンダ「MP4-31」にブレーキキャリパー、マスターシリンダー、ブレーキバイワイヤ油圧ユニットを供給する。

世界耐久選手権(WEC)では、2013年よりトヨタチームにブレーキキャリパーを供給。2016年は新型車両となった「TS050ハイブリッド」にブレーキキャリパーを供給する。

ニュルブルクリンク24時間耐久レースでは、2010年からチームGAZOOレーシング「レクサス LFA」向けに供給。今年は「レクサス RC F」にブレーキキャリパーとブレーキパッドを供給する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ