台湾鉄路、自強号を東武「金色スペーシア」に 10月3日から

鉄道 企業動向
台鉄E1000形「日光詣スペーシア」デザイン車両のイメージ。10月3日から運行される。
台鉄E1000形「日光詣スペーシア」デザイン車両のイメージ。10月3日から運行される。 全 4 枚 拡大写真
台湾鉄路管理局(台鉄)は10月3日から、自強号(日本の特急列車に相当)で使用している車両に、東武鉄道の「日光詣スペーシア」に似せたデザインの装飾を施して運転する。

「日光詣スペーシア」は、東武鉄道が特急スペーシアで運用している100系電車の6両編成2本(103・106編成)を、日光の社寺をイメージした金色などで装飾した特別塗装車。2015年4月から103編成が特別塗装による運用を開始し、同年7月からは106編成も特別塗装に変わった。

東武鉄道が9月28日に発表したところによると、中間の客車と両端2両の電気機関車で構成される自強号用の台鉄E1000形電車のうち、14両編成1本が「日光詣スペーシア」と同様のデザインに変更される。運行期間は10月3日から約6カ月間で、西部幹線・東部幹線の潮州~台南~台中~台北~花蓮~台東間で運用される。

これに伴い、東武「日光詣スペーシア」103編成と台鉄自強号「日光詣スペーシア」デザイン車両の先頭車に、共通デザインの記念エンブレムを取り付ける。

このほか、運行初日の10月3日には、東武の浅草駅(東京都台東区)と台鉄の南港駅(台北市南港区)で「日光詣スペーシア」の同時発車式が行われる。開催時間は浅草駅が11時10分から11時35分まで、1時間の時差がある南港駅では9時31分から10時21分頃までとなる。

東武と台鉄は2015年12月、友好鉄道協定を締結。今年6月には東武の特急『りょうもう』で運用されている200系電車の6両編成1本(208編成)が、台鉄自強号『普悠瑪』で運用されているTEMU2000形電車に似せたデザインで装飾されている。

《草町義和》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 小田原へ里帰りすることになった元小田原市内線の150形151号。大正生まれの貴重な路面電車だ。
  • 新快速(同型車)
  • JR九州版N700Sのエクステリアイメージ。裾部にJR九州のコーポレートカラーを使ったラインを入れて引き締めている。
  • 新冠~静内間を行くキハ160形気動車。日高本線用として1997年6月から運行を開始したが、ハイブリッド動力の試験に供与された後、2013年に廃車となった。2000年4月30日。
  • 阿佐海岸鉄道の気動車。DMV導入後は引退する。
  • 2015年1月、高波で被災した当時の日高本線厚賀~大狩部間。
  • トラッカーとスマートフォンの活用で、遺失物窓口の負担をどれだけ減らせるのか? 写真はJR東日本東京駅。
  • 売り出されるDD502ディーゼル機関車。当初は450馬力のエンジンを1基搭載していたが、1971年の全検時には変速機ごと500馬力のものに交換。1963年には過給機も交換されており、現在に至っている。長さ11m・高さ3.973m・幅2.72mで、重量は33.7t。

ピックアップ

Response.TV