米ベンチャー、コネクトカー向け衛星の接続に成功…トヨタも歓迎

自動車 テクノロジー ネット
Kymeta社の公式サイト
Kymeta社の公式サイト 全 3 枚 拡大写真
世界規模でモバイルコネクティビティを提供する米国のベンチャー企業、Kymeta社は2月下旬、コネクテッドカー向けの衛星ターミナルが、衛星コンステレーションと接続することに成功した、と発表した。

このテストはコネクテッドカーを最も安全に、世界的規模でコネクトする最初のステップ。一般車両向けの同社のmTenna技術が、IntelsatのEpic衛星ネットワークと順調に接続できることを示した。

同時に同社のmTenna技術は、データの送受信の際、単一開口でインターネットに接続。YouTubeの動画にアクセスし、Skype通話を行えることを実証している。

ところで、Kymeta社は2016年1月、米国で開催されたデトロイトモーターショー2016において、トヨタ自動車とのパートナーシップを発表。トヨタは、衛星通信機能を搭載した『MIRAI』の実験車を参考出展。Kymeta社との協業により、「つながる」技術の開発を推進する、と発表していた。

今回の衛星接続の成功を受けて、トヨタの広報担当者は、「2016年にパートナーシップを発表して以来、Kymeta社が常に前進していることをうれしく思う。コネクテッドカーの世界的なカバー域における安全で高帯域通信システムを実現するという将来に向かって、前進した重要な1歩」と語っている。

《森脇稔》

ピックアップ