VWとロボットメーカーKUKA、提携強化…自動運転車向け技術を開発

自動車 テクノロジー ITS
VWグループのマティアス・ミュラーCEO(左)とKUKAの首脳
VWグループのマティアス・ミュラーCEO(左)とKUKAの首脳 全 1 枚 拡大写真
フォルクスワーゲングループは7月10日、ドイツに本拠を置く産業用ロボットメーカー大手のKUKA(クカ)との間で、戦略的提携関係を強化すると発表した。

今回の両社の戦略的提携の強化は、将来の自動車向けに、ロボットベースのイノベーションコンセプトを共同開発するのが狙い。フォルクスワーゲンはKUKAのロボット技術を導入して、最新の自動運転および自動駐車技術や、EV用テクノロジーを開発する。

このうち、EV用テクノロジーを開発するのが、「e-smart Connect」プロジェクト。フォルクスワーゲングループのEVの高電圧バッテリーを充電するために、実用的で使いやすいソリューションを提供する。ドライバーは、EVを指定された駐車スペースに停めるだけで、ロボットが充電ケーブルを接続してくれる。

フォルクスワーゲングループは、eモビリティ戦略を推進。2018年末までに、10種類以上の新型電動車両を発売する。さらに2025年までに、30の電動車両を投入する計画。

フォルクスワーゲングループのマティアス・ミュラーCEOは、「将来のモビリティを構造化することに、集中して取り組んでいる。これは革新的な車両の概念だけではなく、サービス部門における全く新しい要件を網羅している」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • フォルクスワーゲン・ゴルフ・ヴァリアント 新型
  • フォルクスワーゲン ID.4 のプロトタイプ
  • フォルクスワーゲン・ゴルフ・オールトラック 新型
  • フォルクスワーゲン ID.4 のプロトタイプ
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ