【フランクフルトモーターショー2017】ルノー SYMBIOZ 公開予定…未来の自動運転EV

自動車 ニューモデル モーターショー
ルノー SYMBIOZの予告イメージ
ルノー SYMBIOZの予告イメージ 全 1 枚 拡大写真
ルノーは9月4日、ドイツで9月12日に開幕するフランクフルトモーターショー2017において、コンセプトカーの『SYMBIOZ』を初公開すると発表した。

SYMBIOZは、ルノーが未来のモビリティビジョンを提示するコンセプトカー。具体的には、2030年までに実現する自動運転、電動化、コネクテッドモビリティを提案した1台となる。

車名のSYMBIOZとは、古代ギリシャ語の「一緒に生きる」を意味する「sumbiosis」に由来。末尾の「Z」は、ルノーのEVに共通する「ゼロエミッション技術」を指す。ルノーによると、SYMBIOZが具現化する未来の自動車は、その環境、道路網のインフラストラクチャー、そして居住者のデジタルライフスタイルと調和して、恒久的な相互作用をもたらすという。

なおルノーは、SYMBIOZの予告イメージを1点、公開している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ルノー・モルフォズ
  • ルノー MORPHOZ のティザーイメージ
  • ルノー・カングー Z.E.コンセプト
  • ルノー e-プレネールと ルノー4プレネール
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ