【インタビュー】電動化と自動運転をやっていくんだという意思…日産自動車 コネクティッドカー&サービス開発部 村松寿郎

自動車 ビジネス 企業動向
日産自動車 電子技術・システム技術開発本部 コネクティッドカー&サービス開発部 テレマティクス開発グループ 主管 兼 AD&ADAS先行技術開発部 HDマップ開発グループ 主管 村松寿郎氏
日産自動車 電子技術・システム技術開発本部 コネクティッドカー&サービス開発部 テレマティクス開発グループ 主管 兼 AD&ADAS先行技術開発部 HDマップ開発グループ 主管 村松寿郎氏 全 2 枚 拡大写真
自動運転やEVなどのブレークスルーによって、自動車が変化しようとしているいま、次世代通信規格「5G」も、実用化に向けた検討が進められている。自動車のブレークスルーとITが通信によって融合したとき、モビリティはどのように変革するのか。レスポンスセミナー「5Gとモビリティ革命」に登壇予定の日産自動車 電子技術・システム技術開発本部 コネクティッドカー&サービス開発部 テレマティクス開発グループ 主管 兼 AD&ADAS先行技術開発部 HDマップ開発グループ 主管 村松寿郎氏に聞いた。

《聞き手 三浦和也 佐藤耕一》

---:日産の取り組みとして、「インテリジェントモビリティ」というキーワードがありますが、何を意味しているのでしょうか。

村松:インテリジェントモビリティの中には3つの構成要素があります。インテリジェントパワー、インテリジェントドライビング、インテリジェントインテグレーションです。ドライビング(車)とソサイエティ(社会)という要素を繋ぐこの大きな輪がインテリジェントインテグレーション(通信)です。これがコネクティッドという世界観です。

---:自動運転においてコネクテッドがどういう役割を果たすか、どのように考えますか。

村松:まず自律で自動運転ができるということが大前提であります。それに通信が繋がるとさらに良くなるというのが基本の考えです。もう一つ、品質や性能をよりよくする方策として通信を使う。今の『セレナ』はナビ地図を活用していますが、将来の自動運転では高精度地図を使った方法が考えられます。

地図のデータを使って車を制御するためには、地図が常に最新である必要があります。そうすると定期的なアップデートが必要となるので、通信で行うことをコンセプトとして考えています。OTA (On The Air update)で機能をアップデートするということも、やはり同様にコネクティッドです。まだそれを実現しているわけではないですが、将来的に求められてくると思います。

次に、自律の先にある協調です。車車間通信や路車間通信を活用した車両制御。まずは警報からだと思いますが、それも一つのコネクティッドだと思います。

______________
自動車のイノベーションとITが通信によって融合したとき、モビリティはどのように変革するのか。自動車メーカーと通信キャリアのキーパーソンが一堂に会し、いつ・何が・どのように実現されるのかを議論するセミナーが開催予定です。詳しくはこちらをご覧ください。
______________

続きはメルマガでお読みください。9月8日16時に配信予定です。

メルマガ登録はこちら

登録済の方はそのままお待ち下さい。

《佐藤耕一》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日産 e-NV200
  • 7月16日に日産本社で開催された新型スカイラインの記者発表会
  • スカイライン改良新型
  • 日産 GT-R の2020年モデルの50thアニバーサリー
  • ABT アウディ SQ2 チューニングカー
  • ポルシェ 911ターボ カブリオレ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ルノー メガーヌ 改良新型(スクープ写真)
  • アウディ RS5スポーツバック 改良新型(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2017/09/07/299486.html/article/2017/09/07/299485.html/article/2017/09/07/299487.html