ソニー、新開発の車載向けイメージセンサーをCES 2018で初公開…完全自動運転向け

自動車 テクノロジー ITS
ソニーの平井一夫CEO(CES 2018) (c) Getty Images
ソニーの平井一夫CEO(CES 2018) (c) Getty Images 全 2 枚 拡大写真
ソニーは1月9日、米国ラスベガスで開幕したCES2018において、新開発の車載向けイメージセンサーのコンセプトモデルを初公開した。

この車載向けイメージセンサーは、完全自動運転社会の実現に貢献するために開発したもの。このイメージセンサーが、「車の眼」の機能を果たすことを目指す。

日常の様々なドライブシーンにおいて、自動車の周囲360°を状況認知する技術が求められている。ソニーのイメージセンサー技術は、人間の眼よりも早く、確実かつ正確に状況を捉えることを可能にするという。

ソニーはCES2018のソニーブースにおいて、人間の眼を超えるセンサーにより、将来的に目指す自動運転のビジョンを紹介。このイメージセンサーの可能性が体験できるデモンストレーションを行う、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダ、第3世代の「ホンダCONNECT」開発へ…CESアジア2019で発表
  • 【技術】 #CES で「Invisible-to-Visible」技術を発表(YouTube)
  • CESアジア2018のホンダブース(参考画像)
  • CESアジア2019の公式サイト
  • スバル BRZ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス LC コンバーチブル 市販モデル(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQB 開発車両 スクープ写真
  • アウディ e-tronスポーツバック 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/01/09/304455.html/article/2018/01/09/304454.html/article/2018/01/09/304456.html