ジャガー・ランドローバーの認定中古車をオンライン商談予約できるサービス開始

自動車 ビジネス 企業動向
オンライン・セールス・アドバイザーに認定中古車を追加(サイトのサイン参考画像)
オンライン・セールス・アドバイザーに認定中古車を追加(サイトのサイン参考画像) 全 2 枚 拡大写真
ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、正規販売ディーラーネットワークが取り扱う認定中古車の中から好みの車両を検索し、車両の取り置き、商談予約をオンライン上で一括して行うことができるサービスを8月24日から導入すると発表した。

今回「オンライン・セールス・アドバイザー(OSA)」の機能を拡充する。OSAを活用することで顧客は都合のよい日時にパソコンやスマートフォン、タブレットなど様々なデバイスからアクセスし、好みのモデルやエンジン、内外装のカラー、グレード、予算にあった車両を、認定中古車の在庫情報から検索、予約できる。

顧客が現在所有する車の車種や走行距離などの情報をもとに下取り参考価格を算出し、支払い期間や月々の予算などのローンプラン情報とあわせて具体的な購入プランを提案する。10万円のデポジット(仮予約金)で希望の車両を土日を含む3日間、優先的に取り置きし、販売店での商談予約を行うことも可能。

同社では、OSAを2017年10月から新車在庫を対象に運用してきたが、今回、認定中古車を追加、顧客の希望や予算に沿った車両をより多く提案できるようになる。

また、修理や点検などのサービス入庫をオンライン予約できる「オンライン・サービス・ブッキング(OSB)」も新たに導入する。車両の車体番号と居住エリア、入庫を希望するディーラー、入庫日時、代車希望の有無などを24時間オンライン上で選択可能となる。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ジャガー・ランドローバー(イメージ)
  • ジャガー I-PACE 改良新型
  • ランドローバー・ディフェンダー 新型
  • ジャガー・ランドローバーの「インジニウム」エンジン
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ