マツダの新型フラッグシップ・クーペにはロータリーが搭載されない?

『ベストカー』2019年1月26日号
『ベストカー』2019年1月26日号全 2 枚写真をすべて見る

ベストカー』2019年1月26日号
発行:講談社ビーシー / 講談社
定価:420円(本体361円+税)

ブランド戦略を考える上で必要なフラッグシップモデル。マツダは生き残りに向けて、ロータリーエンジンを保留、新開発の直6を採用、車種も新型サルーン派生の、ラグジュアリークーペになるという。『ベストカー』では価格や登場時期を予想している。

直近2019年では、日本市場に国産40車種が登場するという。「SCOOP CALENDAR」で全部を紹介する。

気になる見出し……●マツダの決意●国産40台全部見せます!!●東京オートサロン2019出品車直前情報●税制改正大綱決定。「自動車税、どう変わる?」●ドイツメーカー、今大ピンチ!!●2018年クルマ界流行語大賞●祝賀御列の儀に使われる、お車を考える●ディーゼルvsハイブリッド最新対決●金メダリスト・清水宏保 GT-R 激走試乗!!!!●とじこみ付録:平成SPORTS CAR BOOK

★出版・編集関連事業に携わる方々へ:御社で発行されるモビリティ(自動車、モーターサイクルなど)関連書籍/雑誌を当編集部までお送りください。レスポンス紙面上にて紹介いたします。送り先は「〒163-0228 東京都新宿区2-6-1 新宿住友ビル28階 株式会社イード『レスポンス』編集部」。

《高木啓》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 三菱e-エボリューション・コンセプト(東京モーターショー2017)
  • レクサスLM(上海モーターショー2019)
  • 日産スカイライン現行
  • 日産エルグランド現行型
  • トヨタ スープラ 新型
  • BMW iNEXT/i5 スクープ写真
  • ポルシェ 718ケイマンGT4 新型スクープ写真
  • BMW M2 CS プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/12/28/317588.html/article/2018/12/28/317587.html/article/2018/12/28/317589.html