インテル傘下のモービルアイ、新たな位置情報サービスを展開…CES 2019

インテル傘下のモービルアイの新たな位置情報サービスのイメージ
インテル傘下のモービルアイの新たな位置情報サービスのイメージ全 1 枚写真をすべて見る

インテル(Intel)は1月7日、米国ラスベガスで開催したCES 2019のプレビューイベントにおいて、傘下のモービルアイ(Mobileye)が英国政府の地図作成機関「Ordnance Survey」と提携することで合意した、と発表した。

今回の提携は、インテルの自動運転技術開発部門のモービルアイの高精度の位置データを活用した企業と都市の間での業務改善や、スマートシティと安全な道路の実現などを目的にしたものだ。

モービルアイの車載カメラをベースにしたマッピング機能を、Ordnance Surveyの持つ地理空間技術のノウハウと組み合わせることにより、エネルギーやインフラなどの分野に広がるOrdnance Surveyの顧客に対して、高精度でカスタマイズ可能な新たな位置情報サービスを展開できるようになる。

この新サービスは、5Gやインテリジェントモビリティ、デジタルサービスをサポートし、完全につながったデジタル化した英国の実現を支援するものになるという。

インテルは、AI(人工知能)や5G、自動運転などの重要なワークロードを含む3000億ドルに及ぶ巨大なデータが牽引する市場に対して、他社よりも大きな進展を遂げている、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • モービルアイの自動運転テスト車両
  • モービルアイ・ジャパンは12月3日、インテルに買収された後、日本で初となる事業説明会を開催した
  • FUTURE DRONE ENTERTAINMENT Intel(R) Drone Light Show “CONTACT”
  • インテル本社とウェイモの自動運転テスト車両
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • ベントレー フライングスパー PHEV 開発車両(スクープ写真)
  • アウディ Q5スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ゴルフオールトラック 新型(上)とゴルフヴァリアント 新型(下)のプロトタイプ

ピックアップ