ヤマハ発動機、乗り物ベンチャー glafit社へ出資 ペダル付き電動バイク発売へ

glafit の電動ハイブリッドバイク「GFR-01」
glafit の電動ハイブリッドバイク「GFR-01」全 1 枚写真をすべて見る

ヤマハ発動機は1月24日、乗り物ベンチャー企業のglafit(グラフィット)と、電動モビリティの製品開発に向けた資本業務提携を締結。同社へ出資を行うと発表した。

グラフィットは、2017年に二輪ノンユーザーをターゲットにした、自転車でも原付スクーターでもない新しい電動ハイブリッドバイク「GFR-01」を発売し、新規二輪ユーザーを獲得してきた。

今回の業務提携により、両社はグラフィットの「GFR」シリーズをベースとした派生モデルを開発し、2020年春頃の販売を目指す。その後も、電動モビリティにおける両社の強みを最大限に活かし、よりユーザー視点に立った、安心で便利で楽しいモビリティを提供していく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • アウディ e-tron スクーター(フランクフルトモーターショー2019)
  • カワサキ Ninja H2 SX SE+
  • 二輪市場活性化プロジェクト「HondaGO」
  • 石川県から来たという池下さんご家族は新型R1250を試す
  • BMW R nineT /5
  • イメージ
  • 普段使いしやすい容量、スピード着脱、二人乗りを実現した「ターポリンシングルサイドバッグ」
  • 「二輪デザイン公開講座」に31名の学生が参加。バイク・デザインの基礎を学んだ。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/01/24/318398.html/article/2019/01/24/318397.html/article/2019/01/24/318399.html