BMWとダイムラー、自動運転で提携…次世代技術を共同開発へ

イメージ (AC)
イメージ (AC)全 2 枚写真をすべて見る

BMWグループ(BMW Group)とダイムラー(Daimler)は2月28日、自動運転の分野で提携を結び、次世代の自動運転技術を共同開発すると発表した。

BMWグループは、2006年から自動運転の研究開発に取り組んでいる。世界で70台以上の試験車両が最先端技術をテストしており、データを収集しながら、レベル2~5の自動運転技術をテストしている。現在開発中のBMW『iNEXT』では、2021年にレベル3搭載車として量産を開始し、その後、レベル4に対応する予定だ。

ダイムラーは、レベル3だけでなく、レベル4とレベル5の開発プロジェクトにも取り組んでいる。米国シリコンバレーでは、ボッシュと共同でレベル4/5の自動運転車の試験プログラムを開始。ダイムラーは2020年代の初めに、レベル3車だけでなく、完全に自動化されたレベル4/5車を市場に投入する計画だ。乗用車やバン、バスやトラックまで、あらゆるカテゴリーで自動運転を実現することを目標に掲げている。

BMWグループとダイムラーの共同開発では、高速道路でのレベル3とレベル4の自動運転を、2020年代の半ばまでに実現することを目指す。さらに、駐車支援を含めた次世代の先進運転支援システム(ADAS)も共同開発していく。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • BMW i3 の20万台目がドイツ・ライプツィヒ工場からラインオフ
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMWの新型 M4 クーペ と初代 M3 (1989年式)のワンオフモデル
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV