マツダ、北米の新経営体制を発表…欧州のトップを北米新社長に起用

4月1日付けで北米マツダの社長に就任するジェフリー・ガイトン現マツダモーターヨーロッパ社長兼CEO(ジュネーブモーターショー2019)
4月1日付けで北米マツダの社長に就任するジェフリー・ガイトン現マツダモーターヨーロッパ社長兼CEO(ジュネーブモーターショー2019)全 3 枚写真をすべて見る

マツダ(Mazda)の米国法人、北米マツダは3月12日、新たな経営体制を発表した。

今回の発表では、2016年1月から北米マツダの社長兼CEOを務めてきた毛籠勝弘(もろ・まさひろ)氏が、4月1日付けで会長兼CEOに昇格する。マツダの米国とカナダ、メキシコ事業を統括する。

毛籠氏は、1983年にマツダに入社。主に、営業およびマーケティングを担当してきた。2004年3月には、欧州マツダに異動。2012年5月から2013年7月末までは、豪州マツダのディレクターの地位にあった。2016年1月、北米マツダの社長兼CEOに就任した。

また今回の発表では、北米マツダの社長に、ジェフリー・ガイトン氏が4月1日付けで就任する。同氏は現在、マツダモーターヨーロッパの社長兼CEO。過去16年間、マツダの欧州におけるブランド価値を高めることに貢献してきた。ガイトン新社長が、毛籠会長兼CEOに業務内容を報告する体制を取る、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ユーノス・ロードスター(初代 マツダ ロードスター)V-SPECIALとJ-LIMITED
  • マツダ R360 クーペ
  • マツダの「SKYACTIV-G 2.5T」
  • マツダ CX-30 の「2.5ターボ」(米国仕様)
  • フェアレディZ SUV 予想CG
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ