新開発の8速AT採用、ダイレクトな走りに磨き…MINI ジョンクーパーワークス[詳細画像]

MINIジョンクーパーワークス
MINIジョンクーパーワークス全 28 枚写真をすべて見る

MINIのラインアップで基幹モデルとなる『3ドア』、『5ドア』、『コンバーチブル』が2018年夏にマイナーチェンジ。そのハイパワーバージョンである『ジョンクーパーワークス(JCW)』は、3ドアとコンバーチブルに設定されている。

MINIは、2002年よりBMWグループにて開発、製造および販売が行なわれているブランドであり、ドライビングのみならず、ライフスタイルを楽しむ人達に人気を博しているという。

今回のマイナーチェンジでは、一目でMINIと分かるオリジナル・コンセプト、例えばMINIのデザインアイコンである、丸型ヘッドライト、六角形グリル、クロームパーツといった要素を生かしながら、最新技術とモダンなデザインを融合し一新された。

具体的には最新のCIに基づく新しいMINIのロゴを配置。丸型ヘッドライトはLEDのデイライトランニングを標準装備することで丸目をくっきりと浮き立たせている。リアのコンビネーションライトは、MINIの故郷である英国を感じさせるユニオンジャックのデザインを左右非対称に取り入れた。

新開発の7速デュアルクラッチ・トランスミッションを採用した通常モデルに対し、ジョンクーパーワークスでは新開発の8速スポーツオートマチックトランスミッションが搭載され、燃費性能の向上も図りつつ、これまで以上に、よりダイレクトな走行が可能となった。

そのほか、車両そのものに通信機能を持たせることで車両外部との通信によるコネクティビティを高め、ドライビングと日常生活のシームレスなサービスや様々な情報の提供を可能にしているという。

《内田俊一》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/03/20/320368.html/article/2019/03/20/320367.html/article/2019/03/20/320369.html