青木宣篤「ライバルは買う」デアゴスティーニ・ヤマハYZR-M1ロッシモデル…東京モーターサイクルショー2019

週刊『YAMAHA YZR-M1バレンティーノ・ロッシモデル』創刊記念トークショー(東京モーターサイクルショー2019)
週刊『YAMAHA YZR-M1バレンティーノ・ロッシモデル』創刊記念トークショー(東京モーターサイクルショー2019)全 20 枚写真をすべて見る

デアゴスティーニ・ジャパンは、週刊『YAMAHA YZR-M1バレンティーノ・ロッシモデル』の創刊を記念して24日、MotoGPライダーの青木宣篤氏を招いたスペシャルトークショーを東京モーターサイクルショーのツインリンクもてぎブースで開催した。

週刊『YAMAHAYZR-M1バレンティーノ・ロッシモデル』は、バレンティーノ・ロッシが、2016年MotoGPで乗ったヤマハ「YZR-M1」の1/4スケールモデルが組み立てられるパーツ付きの、パートワークマガジンだ。

イベントでは1/4スケールYZR-M1の完成品がお披露目され、青木氏と週刊『YAMAHA YZR-M1 バレンティーノ・ロッシモデル』の編集長、中野弘太郎氏が登壇。ロッシやマシンにまつわる話、週刊『YAMAHA YZR-M1 バレンティーノ・ロッシモデル』について語った。

青木氏(オレンジTシャツ)青木:デアゴスティーニの『スズキ・ハヤブサGSX1300R』を作って持ってます。市販車はいいんですが、ヤマハ「YZR-M1」のようなレースマシンは企業秘密だらけなんですよ。よくメーカーの許可がおりてモデル化できましたね。

中野:そのプロセスは企業秘密です(笑)。バイクファンはコアな人が多いので、しっかり作ったことを伝えれば売れるとは思っていました。すでに幅広い読者から予約をいただいています。

青木:エンジンが精巧で、よく再現したな、と感動します。クラッチのメーカーの、エクセディのマークまで入ってる! ヤマハ独自のスイッチも再現されてますね。

中野編集長中野:精密でも、模型作りが初めての人でも作れるように、工具もセットにしてあります。

青木:そのいっぽうで、ハヤブサを作った時に、ネジ穴が“揉んで”ないんです。いちど加工して適宜広げてからネジどめするという、作り込む楽しさもあるんですよ。

1/4スケールYZR-M1中野:模型だけでなく、読み物もロッシ選手とYZR-M1解説の2本を連載します。

青木:これが細かく取材しているんだ。時間をかけているから可能なんでしょうね。たぶんロッシとYZR-M1について、いちばん詳しい雑誌になるのでは? 他メーカーの人は買いますよ。うちも買います(編集部注:青木はスズキのMotoGPマシン開発ライダー)。

《高木啓》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/03/24/320483.html/article/2019/03/24/320482.html/article/2019/03/24/320484.html