自動運転 ティアフォー や シェアリング akippa など、スタートアップを支援

J-Stratup2019セレモニーに出席したakippaの広田康博取締役
J-Stratup2019セレモニーに出席したakippaの広田康博取締役全 3 枚写真をすべて見る

経済産業省は、自動運転開発のティアフォーや駐車場シェアのakippaなど、スタートアップ49社を「J-Startup企業」として選定したと発表した。

J-Startupは、グローバル展開するスタートアップを創出するため、2018年6月に立ち上げた。実績あるベンチャーキャピタリストやアクセラレータ、大企業の新事業担当者などの外部有識者からの推薦に基づき、J-Startup企業を選定し、大企業やアクセラレータなどの「J-Startup Supporters」とともに、官民で集中支援するプログラム。

今回の選定では、新たな推薦委員も加え、「オープンイノベーションの促進」、「海外展開」、「地域の有望スタートアップの発掘」の3つの観点を重視し、49社の新たなスタートアップをJ-Startup企業として選定した。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 電動キックボードの例:ドゥカティの電動キックボード「Pro II」
  • 新しいモビリティサービスの社会実装を目指す実証地域
  • (イメージ)
  • コンビニ大手3社の店舗への共同配送のイメージ
  • メルセデスベンツ EQS プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フィアット ティーポSW クロスオーバー 開発車両(スクープ写真)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ