誰もが使いやすいバリアフリーマップのあり方を検討へ 国交省

誰もが使いやすいバリアフリーマップのあり方を検討へ 国交省
誰もが使いやすいバリアフリーマップのあり方を検討へ 国交省全 2 枚写真をすべて見る

国土交通省は7月30日、誰もが使いやすいバリアフリーマップのあり方を検討すると発表した。

2018年5月に成立した改正バリアフリー法の移動等円滑化促進方針(マスタープラン)制度と基本構想制度では、市町村がバリアフリーマップの作成に関する事項を定めることができ、公共交通事業者や道路管理者は、市町村の求めに応じて必要な情報提供を行うことが義務づけられた。

今回、障がい者などにとって必要である地域のバリアフリー情報を、市町村が収集・整理し、わかりやすく提供することを促進するため、バリアフリーマップによる情報提供の取り組みについて調査に着手し、市町村にとって参考となるマニュアルの作成に向けて「マップ作成マニュアルに関する検討会」を設置して検討を開始する。

検討会では、マスタープランや、基本構想に位置づけられるバリアフリーマップの効率的で効果的な作成方法について、調査・検討する。第1回検討会を8月1日に国交省で開催する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 東名高速
  • 千葉県市原市ではゴルフ練習場のネットが倒壊した。
  • 台風15号でゴルフ練習場のネットが倒れた(千葉県市原市)。
  • 冬用タイヤ自動判別システムの概要
  • メルセデス AMG GT R ブラックシリーズ スクープ写真
  • BMW 4シリーズ グランクーペ 開発車両スクープ写真
  • ポルシェ 718 ケイマン GT4 RS スクープ写真
  • テスラ モデルS P1000 高性能モデル(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/07/31/325062.html/article/2019/07/31/325061.html/article/2019/07/31/325063.html