NDIASとティアフォー、自動運転のセキュリティ技術に関する共同研究を開始

ティアフォーの完全自動運転EV「Milee」(参考画像)
ティアフォーの完全自動運転EV「Milee」(参考画像)全 1 枚写真をすべて見る

NDIASとティアフォーは8月27日、自動車の自動運転におけるセキュリティ技術の獲得や向上を目指した共同研究を開始した。

NDIASは、野村総合研究所グループのNRIセキュアテクノロジーズとデンソーの共同出資により2018年12月に設立。自動車の車両および車載電子製品のセキュリティ診断やコンサルティングサービスを提供している。一方ティアフォーは、名古屋大学発のベンチャーとして2015年12月に設立された、世界初のオープンソースの自動運転OS「Autoware」の開発を主導するスタートアップ企業だ。

自動運転に対するサイバー攻撃は、自動車の安全に影響を及ぼす場合があることから、自動運転技術を用いる自動車に対しては、適切なセキュリティ対策を施しておくことが必要だ。そこで両社は、自動運転向けのハードウェアおよびソフトウェアに関する、セキュリティリスクの評価手法および対策技術について、共同研究を開始した。

具体的には、「自動運転を採用する自動車の車両、車載電子製品、関連のソフトウェアを対象とした、セキュリティリスクの分析・評価手法およびペネトレーションテスト手法の開発」、「自動運転を採用する自動車の車両、車載電子製品、およびコネクテッドシステムを対象とした、今後必要と想定されるセキュリティ関連の新技術の開発」、「自動運転の国際業界団体 The Autoware Foundation との連携を通じた、自動運転OSを対象としたセキュリティリスクの評価手法と対策技術の開発」の3つのテーマに取り組む予定だ。

両社は共同研究を通じて、自動運転に関わるセキュリティ技術の向上をはかり、安全・安心なモビリティ社会の実現への貢献を目指す。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV