ジャガーの最新自動運転車、EVの I-PACE がベース…世界自動運転交通会議で発表

ジャガー I-PACE ベースの最新自動運転プロトタイプ車
ジャガー I-PACE ベースの最新自動運転プロトタイプ車全 4 枚写真をすべて見る

ジャガー・ランドローバーは、ドバイで開催された「世界自動運転交通会議」において、EVの『I-PACE』(Jaguar I-PACE)ベースの最新自動運転プロトタイプ車を初公開し、公道走行を行ったと発表した。

ジャガーI-PACEのEVパワートレインは、モーターを前後アクスルに搭載し、4輪を駆動する。2個のモーターは合計で400psのパワーと、71kgmのトルクを引き出す。前後重量配分は、50対50と理想的なバランスを追求した。強力なモーターの効果で、I-PACEは0~100km/h加速4.8秒のパフォーマンスを実現する。

バッテリーはリチウムイオンで、蓄電容量は90kWhと大容量だ。1回の充電での航続は、最大で470km(WLTP計測モード)の性能を備える。DC100kWの急速チャージャーを使えば、バッテリーの80%の容量をおよそ40分で充電可能。100km走行分であれば、およそ15分で充電できる。

このI-PACEベースの最新自動運転プロトタイプ車が、ドバイで開催された世界自動運転交通会議で初公開され、ドバイ市内の公道を走行した。ジャガーI-PACEベースの最新自動運転プロトタイプ車には、信号機検出システムを搭載する。また、レーダーとカメラを組み合わせて、車両検出や車両の回避が行えるよう、性能が引き上げられた。

さらに、停止状態から高速道路における走行まで、車両の速度とステアリングも、自動的に制御する。システムは、ルートの場所を示す詳細なHDマップとジャンクションの詳細な鳥瞰図からルートを追跡する、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ジャガー・ランドローバーの車内ノイズ低減システム「アクティブ・ロードノイズ・キャンセレーション」
  • ジャガー I-PACE 改良新型
  • アクアフィル社のリサイクル素材「ECONYL」
  • ジャガー・ランドローバー(イメージ)
  • マクラーレンの新型ハイブリッド・スーパーカー(スクープ写真)
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ

ピックアップ

Response.TV
{* コンポーネント名 : 【AD】【/body 前】スマホ_オーバーレイ 説明 : スマホ用 body前にオーバーレイ広告を表示します。 ファイル名 : ad-s-bodyb-overlay.tpl *}