ランボルギーニ、「東京ラウンジ」開設へ…ランボルギーニナイト開催

ランボルギーニ アヴェンタドールSVJ63ロードスター
ランボルギーニ アヴェンタドールSVJ63ロードスター全 20 枚写真をすべて見る

アウトモビリ・ランボルギーニ・ジャパンは12月13日、東京青山において“ランボルギーニナイト”を開催した。

充実した商品群や開発費でエキサイティングな1年に

イベント冒頭に登壇した代表のフランチェスコ・クレシ氏は2019年を振り返り「とてもエキサイティングな年だった」という。

商品面では『ウラカンEVOスパイダー』と『アヴェンタドールSVJロードスター』を3月のジュネーブモーターショーで発表。8月にはアメリカのモントレーヒストリックカーウイークで『アヴェンタドールSVJロードスター63バージョン』を公開。そして9月にランボルギーニ初のハイブリッドモデル、『シアン』をデビューさせた。

このような商品導入とともに、エンジニアリング面でも「ランボルギーニは常に売上高の10%以上を新技術に投資。これは自動車業界の平均を上回っている」とコメント。この結果、『ウラカンペルフォルマンテ』で導入し、その後、多くもクルマにも採用された、ランボルギーニの特許素材であるレジンの母材に短繊維を埋め込んだ「フォージド・コンポジット」や、アクティブエアロダイナミクス「エアロディナミカ・ランボルギーニ・アッティーヴァ(ALA)」などを開発。

さらに「パートナーシップをいくつかの機関と締結した」。まずはマサチューセッツ工科大学だ。これにより『シアン』に搭載された新しい特許技術、48Vのスーパーキャパシタも開発出来たのだ。

またNASAとも提携しランボルギーニの素材を宇宙に送り、材質科学の研究を行うほか、「ランボルギーニはイノベーションという意味でもリーディングポジションを獲得。CEOのドメニカリが、ハーバードビジネススクールのティーチングコミッティに招聘されている」とコメントした。

ウルスのヒットで飛躍的に向上した台数

台数面でも「エキサイティングだった」とクレシ氏。現在最終集計中としながらも、「グローバルで8000台を超える見込みだ」。2011年の1600台強から大幅に成長。その要因の多くは「『ウルス』の成功が大きい」と分析する。

日本市場においても「世界三大市場のひとつとしてこの成功に大きな貢献をしている」と強調。今年は、「約650台を今年お客様に届けることが出来た。2018年と比較して約16%の成長だ」とのことだ。

そのほか、2019年は様々なイベントも開催し、「数字だけではなく、ランボルギーニがエモーショナルで特別なブランドであるために、様々なイベントを積極的に取り組んだ」と述べた。

世界で2つ目の常設ラウンジを東京にオープン予定

さて、クレシ氏は2020年、「“ラウンジ東京”というプロジェクトを発足させる」と発表。これはニューヨークに次ぐ世界で2つ目の常設ラウンジだ。「日本にいながらサンタアガタに触れることが出来る。多くのお客様、ランボルギーニを熱心に支持してくれるお客様に、ランボルギーニのバリューを伝えたい。そう考えて、アドペルソナムスタジオを用意する」と話す。ここでは「クルマの細かなコンフィギュレーションやカスタマイズが出来るスタジオで、お客様にプロフェッショナルなサービスを提供出来る」とした。

《内田俊一》

この記事の写真

/

ピックアップ