30周年を迎えたマツダ ロードスター、その開発ストーリーが語られた1冊

マツダ・ロードスター初代(1989年)
マツダ・ロードスター初代(1989年)全 2 枚写真をすべて見る

『マツダロードスターの30年』
編者:MZ Racing
著者:三浦正人
発行:三樹書房
定価:本体価格3800円(消費税除き)
ISBN978-4-89522-723-0

1989年9月、ユーノス『ロードスター』が発売された。それから30年、いまでもマツダ『ロードスター』はライトウエイトスポーツカーとして販売し続け多くのファンを獲得している。本書はロードスター開発初期から30周年記念車までの軌跡をたどるものである。

その開発は1989年より遡ること11年前の1978年、マツダ『RX-7』(初代)発表の際にアメリカのジャーナリストが次のマツダが作るクルマについて発した一言が、そのきっかけの一つになった。それは、「価格の安いスポーツカー」だったという。そのジャーナリストこそがのちにユーノスロードスターを生み出す一人、ボブ・ホールだった。

彼はその後チョークボードミーティング(黒板を使って絵を描きながら行うミーティング)で、LWS(ライトウエイトスポーツカー)とは何かを説明した。そういったことから請われてマツダノースアメリカのR&D部門マツダリサーチセンターアメリカに入社し、商品企画部門においてLWSの商品化を進めることになったのだ。

本書はこのように開発のきっかけ、そして、歴代モデルの特徴が語られるのだが、大きなポイントは、スペックや技術的な解説が少ないことだ。では何に多くのページが割かれているかというと、商品企画やデザイナーなどの開発者をはじめとした関係者たちだ。そのコメントやインタビューなどを通じてロードスターの魅力が語られている。

また、世代ごとの解説のほか、その時々のコンセプトモデルやバリエーション、そしてモータースポーツ活動などの詳細が語られていることも興味深い。

《内田俊一》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 北米市場のマツダMX-5ミアータ(日本市場のロードスターに相当)
  • マツダ R360クーペ と ロードスター 100周年特別記念車
  • ロードスター(NA)・RX7(FD)用スポーツステアリングホイール
  • マツダ MX-5ミアタ(北米仕様)
  • BMW 2シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フィアット ティーポSW クロスオーバー 開発車両(スクープ写真)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ