タクシー配車アプリのMOVとJapanTaxiが統合、配車可能台数は10万台規模に 

自動車 ビジネス 企業動向
MOVとJapanTaxiが統合
MOVとJapanTaxiが統合 全 1 枚 拡大写真
DeNAと日本交通は、両社のタクシー配車アプリ等に関する事業を4月1日付けで統合することを発表。統合後は配車可能なタクシー車両数が約10万台となる。

今回の統合では、DeNAが運営する次世代タクシー配車アプリ「MOV」等の事業と、日本交通の子会社であるJapanTaxiが運営するタクシーアプリ「JapanTaxi」等の事業を統合する予定。統合後は、JapanTaxiの共同筆頭株主は日本交通とDeNAとなり、社名も新たに、新体制で事業を推進していく。

MOVはAIを活用する次世代タクシー配車アプリ。空車走行中のタクシーも確認でき、乗客は予想到着時間を事前確認した上で、指定場所への配車依頼ができる。さらにタクシー乗務員と利用客の現在地を確認できる機能や通話機能、定型メッセージを送り合える機能を実装。神奈川県、東京都、大阪府・京都府、兵庫県など、都市圏を中心に順次全国各地へと拡大している。

JapanTaxiは、国内最大級のタクシー配車アプリ。乗客自身で決済処理を行う後部座席設置型「JapanTaxiタブレット」を展開。決済機とデジタルサイネージを兼ね備えるJapanTaxiタブレットは、ドライバーと乗客の利便性を高め、全国のタクシー事業者に選ばれている。

新体制では、JapanTaxiが有する幅広い展開エリアや提携台数、タクシー専用ハードウェアなどの強みと、MOV事業のAIやインターネットによる技術開発・サービスづくり、神奈川・東京・京阪神エリアにおける事業基盤の強みを活かし、公共インフラであるタクシーをより一層進化させていく。なお、今回の統合により、配車可能な車両数は約10万台となる予定だ。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

編集部ピックアップ

Response.TV