【テスラ モデル3】テスラの入門セダン まとめ…価格や性能、試乗記

テスラ・モデル3
テスラ・モデル3全 8 枚写真をすべて見る

テスラのプレミアムDセグメントEV、『モデル3』セダンは、テスラのエントリークラスとしてラインナップされる。RWDの「スタンダードレンジプラス」とAWDの「ロングレンジ」、「パフォーマンス」と3グレードを設定。

目次

  1. エントリーEVセダンを日本で正式発表…デリバリーは2019年後半以降[詳細画像]
  2. 特徴的なデザイン---広い後席空間は姿勢にやや難
  3. テスラ モデル3に「愛犬モード」採用[動画]
  4. “日本サイズ”のEVセダン[詳細画像]
  5. 日本での受注を開始…511万円から
  6. 【試乗】短距離試乗では欠点を見出せないほど「刺激的」だった
  7. 『モデル3』導入で盛り上がり、加速するテスラのオーナーズライフ

エントリーEVセダンを日本で正式発表…デリバリーは2019年後半以降[詳細画像]

テスラの日本法人テスラジャパンは11月8日、EVセダン『モデル3』(Tesla Model 3)を日本で初公開した。モデル3は、フラッグシップEVセダン『モデルS』の下に位置する小型セダンで、テスラのエントリーモデルとなる。

今回、 日本で公開されたモデル3は米国仕様で、最大乗員は5名、ボディサイズは全長4694mm、全幅1849mm、全高1443mmで、ホイールベースは2870mmとなっている。

[続きを読む]

エントリーEVセダンを日本で正式発表…デリバリーは2019年後半以降 画像

  • テスラ モデル3 米国仕様(Model 3 US model)
  • テスラ モデル3 米国仕様(Model 3 US model)
  • テスラ モデル3 米国仕様(Model 3 US model)
  • テスラ モデル3 米国仕様(Model 3 US model)
  • テスラ モデル3 米国仕様(Model 3 US model)
  • テスラ モデル3 米国仕様(Model 3 US model)

特徴的なデザイン---広い後席空間は姿勢にやや難

EV専業メーカー、テスラジャパンは3日、プレミアムDセグメントセダンEV『モデル3』を日本で初公開した。

展示されていたのは中間グレードのAWD(四輪駆動)型「ロングレンジバッテリー」だが、ボディは基本的に全グレード共通。日本ではまだ型式指定を受けておらず、この車両も左ハンドルであったが、販売されるさいは右ハンドルモデルになるという。

[続きを読む]

*特徴的なデザイン---広い後席空間は姿勢にやや難 画像

  • テスラ・モデル3
  • カードキーでドア開閉
  • ドアハンドル
  • テスラ・モデル3
  • テスラ・モデル3
  • セダンとしてはきわめて広いリアシート

テスラ モデル3に「愛犬モード」採用[動画]

テスラは、新型EVセダンの『モデル3』(Tesla Model 3)に最新のアップデートを米国市場で行い、「ドッグモード」を採用した。

ドッグモードはユーザーの要望を受けて、テスラのイーロン・マスクCEOが実用化したもの。ドッグモードは犬を乗せてテスラ車で外出したオーナーが、犬を車内に置いて、車から少しの時間、離れる場合に有効なモードだ。

[続きを読む]

テスラ モデル3に「愛犬モード」採用 画像

テスラ・モデル3に採用された「ドッグモード」テスラ・モデル3に採用された「ドッグモード」

“日本サイズ”のEVセダン[詳細画像]

間もなく日本にも導入が予定されているテスラ『モデル3』。そのサイズは日本でも使いやすいサイズになるという。そのボディサイズは全長4694mm、全幅1849mm、高さ1443mmだ(北米仕様車)。

現在日本でのラインナップの発表はされていないが、北米ではリア駆動とAWDがあり、標準とよりパワーのあるモーターが選択できる。いずれも400km以上は走行可能だという。

[続きを読む]

“日本サイズ”のEVセダン 画像

テスラ モデル3テスラ モデル3

日本での受注を開始…511万円から

テスラは5月31日、『モデル3』(Tesla Model 3)の受注を、日本、香港、オーストラリア、ニュージーランド、アイルランド、マカオで開始した、と発表した。

モデル3は、『モデルS』の下に位置する小型のEVセダンだ。テスラの入門モデルとして、ラインナップされる。ボディサイズは、全長4694mm、全幅1849mm、全高1443mm、ホイールベース2870mmとなっている。

[続きを読む]

日本での受注を開始…511万円から 画像

  • テスラ・モデル3
  • テスラ・モデル3
  • テスラ・モデル3
  • テスラ・モデル3
  • テスラ・モデル3

【試乗】短距離試乗では欠点を見出せないほど「刺激的」だった

アメリカのEVメーカー、テスラの日本法人はまもなくミッドサイズセダン『モデル3』を日本市場に投入する。それに先立ち、メディア向け試乗会が徳島県で行われた。テストドライブしたのは左ハンドル車、しかも今のところ日本への投入予定がない「ロングレンジ・デュアルモーター(AWD)」であったが、ファーストインプレッションをお届けする。

[続きを読む]

【試乗】短距離試乗では欠点を見出せないほど「刺激的」だった 画像

テスラ モデル3 ロングレンジデュアルモーター(日本未投入グレード)テスラ モデル3 ロングレンジデュアルモーター(日本未投入グレード)

『モデル3』導入で盛り上がり、加速するテスラのオーナーズライフ

冷たく澄んだ空気と暖かな日差し、メタセコイヤ並木が美しいコントラストを織り成す中、ずらっと並ぶテスラ。12月8日、富士山麓の帝人アカデミーにてテスラオーナーによるミーティングイベントが開催され、『モデルX』13台、『モデルS』13台、そして今年9月に国内で納車が始まったばかりの『モデル3』19台の計45台が集結した。

[続きを読む]

『モデル3』導入で盛り上がり、加速するテスラのオーナーズライフ 画像

40台超が集結! 『モデル3』を皮切りに盛り上がりが加速するテスラのオーナーズライフ40台超が集結! 『モデル3』を皮切りに盛り上がりが加速するテスラのオーナーズライフ

《滑川寛》

この記事の写真

/

ピックアップ