トヨタ、ディスプレイオーディオにApple CarPlay/Android Autoとの連携サービスを標準設定

ヤリス 8インチディスプレイオーディオ(画面はApple CarPlay接続時)
ヤリス 8インチディスプレイオーディオ(画面はApple CarPlay接続時)全 1 枚写真をすべて見る

トヨタ自動車は、ディスプレイオーディオ(DA)のオプションサービス「Apple CarPlay/Android Auto」を標準装備化し、6月発売の新型車よりスマートフォンとの連携機能を強化すると発表した。

トヨタは、昨年9月17日発売の『カローラ』『カローラツーリング』のフルモデルチェンジより、新型車へのスマートフォンとの連携可能なDAおよび、DCM(車載通信機)の標準装備を進めており、コネクティッドカーの普及に取り組んでいる。

今回、標準サービスのSmartDeviceLinkに加え、新たにApple CarPlay/Android Autoを標準装備化。より多くのユーザーに快適なコネクティッドサービスを提供する。これにより、スマートフォンをUSBケーブルで接続することで、マップ、電話、メッセージ、音楽アプリをDA上で利用可能。運転中もハンズフリー通話や、音声による機能操作で、安心して使うことができる。

なお、販売済みのDA装着車についても、T-Connect通信によるバージョンアップを通じて、6月中旬以降、順次機能を付与する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ