ヤマハ最大の425ps船外機、「F/FL425A」を国内市場に導入

ヤマハ発動機 F/FL425A
ヤマハ発動機 F/FL425A全 2 枚写真をすべて見る

ヤマハ発動機は、同社のラインアップの中で最大馬力となる、425馬力の4ストローク船外機「F/FL425A」の国内販売を8月に開始する。

F/FL425Aは、2018年の夏に米国において先行発売し、北米市場から高い評価を得ている大型4ストローク船外機だ。パワーユニットにはV型8気筒、排気量5559cc、最高出力425馬力のエンジンを採用。高負荷運転に対応する耐久性を高めながら、ダイレクトフューエルインジェクションや内蔵型電動ステアリングシステムを4ストローク船外機として初採用し、最高レベルのトルクとパワーを発揮する。

専用プロペラも同時に新規開発。翼面積を拡大し、十分な推進力を確保するとともに、旋回時のベンチレーション(船底からの空気吸い込み)を低減する。さらにジョイスティックによる操船が可能な「ヘルムマスター」や、7インチのタッチスクリーンカラーディスプレイ「CL7」との組み合わせにより、高い利便性を有している。

大型船外機の主要市場である北米では、30フィートを超える大型ボートの推進機として主流であった船内機(インボード)や船内外機(スタンドライブ)に代わり、スピード性能と燃料経済性、メンテナンス性に優れ、さらに船内スペースが広く確保できる船外機が注目されている。日本市場においては、大馬力エンジンを必要とする大型プレジャーボートや漁業用和船、業務艇における推進機の換装を見込み、これらの市場に対して需要の喚起を図っていく。

価格は453万8000円から466万2000円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ヤマハ YZF-R15
  • 次世代操船システム「HARMO」
  • ヤマハ YZ450FX
  • ヤマハ PW50
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ