地図データ利用で自動的に加減速、燃費を10%以上向上…デルファイとトムトムが共同開発

トムトムのADASマップを組み込んだデルファイ・テクノロジーのテスト車両
トムトムのADASマップを組み込んだデルファイ・テクノロジーのテスト車両全 2 枚写真をすべて見る

デルファイ・テクノロジー(Delphi Technologies)は6月18日、位置情報技術を手がけるトムトム(TomTom)の地図データを利用して、燃費を10%以上向上させる技術を共同開発した、と発表した。

この技術は、「インテリジェントドライビング」と命名され、先進運転支援システム(ADAS)と連携するシステムだ。ADASをリアルタイムの地図データや車載ソフトウェアと組み合わせることにより、10%以上の燃料向上を実現した。このソフトウェアテクノロジーを使用すると、走行時間やルートを犠牲にすることなく、現在の車両に搭載されているシステムを活用しながら、コストを削減できるという。

デルファイのテスト車両には、トムトムのADASマップを組み込んだ。テストでは、さまざまな運転条件下でシステムの燃費のメリットを検証するために、いくつかのルートが含まれていた。トムトムのADASマップには、制限速度、車線情報、勾配、道路の曲率、交通標識に関して、正確なデータを収録している。デルファイのソフトウェアに、トムトムのデータを組み合わせることにより、車両自体が前方の道路を予測して速度などを最適にコントロールし、エネルギー消費を削減する。

また。48Vのマイルドハイブリッド乗用車のプロトタイプでのテストでは、トムトムのADASマップによって、パワートレインの効率は劇的に改善されたという。

インテリジェントドライビングは、「アダプティブクルーズコントロール(ACC)」のテクノロジーをベースにしており、ドライバーは必要に応じてシステムに関与できる。トムトムのデータを利用してルートを事前設定し、直線やカーブで可能な限り最高の省エネ性能が得られるように車速をアクティブに調整し、車載カメラとリモートセンシングテクノロジーを使用して、最新の交通状況にも配慮する。

デルファイは、システムはハードウェアニュートラルになるように設計されており、自動運転やコネクティビティ技術を搭載するほぼすべての車両と互換性がある。また、あらゆるタイプのパワートレインに組み込める、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ボルグワーナーのEV向けトルクベクタリング・デュアルクラッチシステム
  • ボルグワーナーの電動ターボ「eTurbo」
  • ボルグワーナーの電動ターボ「eTurbo」
  • デルファイの自動運転車(アウディQ5)
  • メルセデスAMG S63e プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3ツーリング プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス NX 次期型予想CG
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV