【トヨタ ハリアー 新型まとめ】スタイリングはキープコンセプト、中身は?…価格や試乗記、新旧モデル比較

4代目トヨタ・ハリアー
4代目トヨタ・ハリアー全 8 枚写真をすべて見る

7年ぶりのフルモデルチェンジを受けたトヨタの高級クロスオーバー『ハリアー』。元祖「都市型SUV」の4代目となる新型は、デザインをキープコンセプトながらも刷新しつつTNGAプラットフォームの採用を始め予防安全パッケージの充実など多面的な進化を果たした。

目次

  1. 発表! 元祖都市型SUVが7年ぶりのフルモデルチェンジ
  2. 歴代…高級クロスオーバーSUV[フォトヒストリー]
  3. ボディサイズ、デザイン、スペックを新旧モデル比較
  4. ついに実車プロトタイプを初公開!気になる進化のポイント[詳細画像]
  5. 【試乗】「快適なセダンの性能をSUVの形で実現」その走りは予想以上だった…島崎七生人
  6. 発売…価格は299万円から、ハイブリッドに2WDも設定
  7. 【試乗】リニアな加速にサウンド、ガソリン車が輝いて見えた…九島辰也

発表! 元祖都市型SUVが7年ぶりのフルモデルチェンジ

トヨタ自動車は4月13日、7年ぶりのフルモデルチェンジとなる高級クロスオーバーSUV『ハリアー』新型を発表した。発売は2020年6月頃を予定している。

ハリアーは、1997年に初代モデルを発売して以来、「都市型SUV」として新たなジャンルを切り拓いてきた。4代目となるハリアー新型は、見て、乗って、走り出した瞬間に心に響く感性品質を重視。実用性や数値一辺倒ではない、人の心を優雅に満たしてくれるただひとつの存在を目指したという。

[続きを読む]

発表! 元祖都市型SUVが7年ぶりのフルモデルチェンジ 画像

  • トヨタ・ハリアー新型
  • トヨタ・ハリアー新型
  • トヨタ・ハリアー新型
  • トヨタ・ハリアー新型
  • トヨタ・ハリアー新型
  • トヨタ・ハリアー新型

歴代…高級クロスオーバーSUV[フォトヒストリー]

トヨタ自動車は4月13日、4世代目となる新型『ハリアー』を発表した。発売は6月ごろが予定されている。ハリアーは、1997年の初代モデル発売以来、「高級クロスオーバーSUV」という新ジャンルを開拓、市場を牽引してきた。

初代ハリアーは、従来のカテゴライズにとらわれない「都市型SUV」、「高級サルーンの基本性能を備えたラグジュアリーSUV」として誕生した。2003年2月に登場した2代目はこれらの資質を進化させ、高級サルーンを超えることをめざして開発され、「ハンドリング性能と先進の安全性」を特長とした「新世代ラグジュアリーSUV」を提案した。

[続きを読む]

歴代…高級クロスオーバーSUV[フォトヒストリー] 画像

  • 初代トヨタ・ハリアー
  • 初代レクサスRX
  • 初代レクサスRX
  • 初代レクサスRX
  • 2代目トヨタ・ハリアー
  • 2代目レクサスRX

ボディサイズ、デザイン、スペックを新旧モデル比較

トヨタ『ハリアー』は、「高級クロスオーバーSUV」というコンセプトの元、1997年に発売された初代から、2代目、3代目と「都市型SUV」という新たなジャンルを確立する存在へと成長した。そして2020年4月13日、4代目となる新型ハリアーを発表。従来型(3代目)とどのように異なるのか比較してみた。

[続きを読む]

ボディサイズ、デザイン、スペックを新旧モデル比較 画像

トヨタ・ハリアー新型(上)と従来型(下)トヨタ・ハリアー新型(上)と従来型(下)

ついに実車プロトタイプを初公開!気になる進化のポイント[詳細画像]

まもなく発売されるトヨタの都市型SUV、新型『ハリアー』。去る4月13日、その概要や内外装デザインが明らかにされ、すでにその人気に火がついているが、今回実車のプロトタイプを撮影することができたので、40枚の写真とともに新型ハリアーの進化のポイントを紹介する。

1997年に登場した初代ハリアーは、SUV+高級乗用車=クロスオーバーSUVという新たな市場を開拓、都市型SUVとして独自のポジションを確立した。4代目となる新型ハリアーは、そのコンセプトを受け継ぎつつも「SUVという枠を超えて新価値を提供する」ことを目指し、「感性に訴える」クルマづくりを追求した。

[続きを読む]

ついに実車プロトタイプを初公開!気になる進化のポイント 画像

  • トヨタ ハリアー 新型(プロトタイプ)
  • トヨタ ハリアー 新型(プロトタイプ)
  • トヨタ ハリアー 新型(プロトタイプ)
  • トヨタ ハリアー 新型(プロトタイプ)
  • トヨタ ハリアー 新型(プロトタイプ)
  • トヨタ ハリアー 新型(プロトタイプ)

【試乗】「快適なセダンの性能をSUVの形で実現」その走りは予想以上だった…島崎七生人

初代『ハリアー』が登場したのは今から23年前のこと。井型のサブフレームにエンジンをマウントした当時の乗用車『ウィンダム』のプラットフォームをベースに仕立てられた“都市型SUV”の先駆者(車)だった。

富士山麓の某所をベースに開催されたプレス試乗会に参加したことはついきのうのことのよう(!)だが、初めての試乗で、うねりのある朝霧周辺の道をきれいなバウンジングで見事に収めながら走る、それまでのSUVの概念を覆す、まさに高級セダンのようななめらかで上質な乗り味に舌を巻いたことをよく覚えている。

[続きを読む]

【試乗】「快適なセダンの性能をSUVの形で実現」その走りは予想以上だった…島崎七生人 画像

トヨタ ハリアー 新型(プロトタイプ)トヨタ ハリアー 新型(プロトタイプ)

発売…価格は299万円から、ハイブリッドに2WDも設定

トヨタ自動車は6月17日、SUVの新型『ハリアー』を全国のトヨタ車両販売店を通じて発売した。スターティングプライスは299万円。1997年の初代以来、「都市型SUV」として新たなジャンルを切り拓いてきたモデルの新型だ。新型については4月に概要が先行発表されていた。

トヨタによると、新型ハリアーの開発では、見て、乗って、走り出した瞬間に心に響く感性品質を重視したという。実用性や、数値一辺倒ではない、人の心を優雅に満たしてくれる存在をめざして開発された。

[続きを読む]

発売…価格は299万円から、ハイブリッドに2WDも設定 画像

  • トヨタ・ハリアー新型
  • トヨタ・ハリアー新型
  • トヨタ・ハリアー新型
  • トヨタ・ハリアー新型
  • トヨタ・ハリアー新型
  • トヨタ・ハリアー新型

【試乗】リニアな加速にサウンド、ガソリン車が輝いて見えた…九島辰也

4世代目『ハリアー』の特徴はハードウェアである。ご覧のようにデザインはキープコンセプトで、大きな変化は感じない。相変わらずスタイリングはシュッとしていて、SUVクーペ的ニュアンスが強い。都会的なイメージのあるハリアーにはぴったりだ。

このほかではフロントとリアのコンビネーションランプをリデザインし、従来型にはなかったボディサイド後方のキャラクターラインを加えている。

[続きを読む]

【試乗】リニアな加速にサウンド、ガソリン車が輝いて見えた…九島辰也 画像

トヨタ ハリアー 新型。写真はハイブリッド(プロトタイプ)トヨタ ハリアー 新型。写真はハイブリッド(プロトタイプ)

《滑川寛》

この記事の写真

/

ピックアップ