試乗記
動画 モータースポーツ
カーオーディオ リペア・メンテナンス メールマガジン登録

トヨタ、執行役員を最高幹部の9人に削減

トヨタ自動車本社 全 1 枚 写真をすべて見る

トヨタ自動車は6月30日、7月1日付けで執行役員を23人から9人に削減すると発表した。

機能を超え、社長と会社全体を見据えて経営を進めるメンバーを「執行役員」と再定義する。執行役員同士が密に連携しながら実行部隊と連動や人材育成に取り組む。

また、一部の執行役員が兼務していたプレジデント、地域CEO、本部長は、現場で実行部隊をリードする役割として権限を移譲するとともに、すべて「幹部職」に一本化する。執行役員が最高幹部で、最高幹部候補が幹部職となる。

同社では今年4月に「副社長」と「執行役員」を執行役員に一本化したばかり。新しい執行役員は社長の豊田章男氏、ものづくりを担当する河合満氏、リスク管理を担当する小林耕士氏、競争力やプロジェクトなどを担当する寺師茂樹氏、情報・セキュリティやモータースポーツを担当する友山茂樹氏、財務を担当する近健太氏、開発を担当する前田昌彦氏、先進技術などを担当するジェームズ・カフナー氏、総務・人事を担当する桑田正規氏の9人となる。

《text:レスポンス編集部》