AIによる忘れ物検知---中部国際空港で自動運転の実証実験 あいおいニッセイ同和

実装実験で使われる車両。群馬大学が保有する。
実装実験で使われる車両。群馬大学が保有する。全 2 枚写真をすべて見る

あいおいニッセイ同和損害保険は9月18日、愛知県が「2020年度自動運転社会実装プロジェクト推進事業」の一環として中部国際空港(セントレア)で実施する、自動運転の社会実装を見据えた実証実験に参画すると発表した。

愛知県は「2020年度自動運転社会実装プロジェクト推進事業」の取り組みの一環として常滑市で「AIによる忘れ物検知システム」実証実験を実施する。

あいおいニッセイ同和損保では、実証実験に使用される自動運転バスに、提携するmpathy.aiの開発したAI(人工知能)を活用した乗客見守りシステムを搭載し、乗客の忘れ物検知とアラートによる注意喚起を行うデモンストレーションを実施する。自動運転バスでの実験は国内で初となる。

実証実験はNTTドコモを中核に名古屋鉄道、名鉄バス、愛知製鋼などが参加、10月3日から18日まで中部国際空港・第1セントレアビルを起点・終点とした空港島内の周回ルートで実施する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • イトヨタインシュアランスマネジメントのタリア支店Mario La Femina CEO
  • 電磁誘導線を使った自動運転車
  • スクリューの形をした瀬戸内の粟島
  • 4者による包括連携協定の締結式
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG
  • マクラーレンの新型ハイブリッド・スーパーカー(スクープ写真)
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV