ウィズ・コロナ時代の通勤サービス 東急沿線住民を対象に実証実験

DENTO:トップ画面
DENTO:トップ画面全 3 枚写真をすべて見る

東急は11月12日、東急線沿線で自由で豊かな働き方の実現を支援する新たなサービス「DENTO」の実証実験を2021年1月13日~4月28日の約3カ月半の期間実施すると発表した。

「DENTO」では、田園都市線沿線の住民で、東京都心への通勤客向けを中心にサービスを提供する。多摩田園都市地区と東京都心を往復する通勤高速バスを運行する。バスは車内にWi-Fiを完備し、移動中に事務作業が可能。

通勤定期券保有者には、都心勤務地から横浜市青葉区内の自宅まで利用できる相乗りハイヤーを運行する。東急線ワンデーパスや東急バス1日乗車券の100円利用券も発行する。

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染拡大でテレワークが普及、人の移動や働き方は大きく変化している。通勤では、都心へのアクセス条件といった交通利便性に加えて、「脱密」などの新たなニーズが生まれている。テレワークの浸透により、仕事に集中できる新たな環境整備のニーズも高まっている。

新サービスでは、顧客が状況に合わせて最適な移動手段と就労場所を選択できるように環境を整備することで、自由で豊かな働き方の実現を支援する。とくに東急線の通勤定期券を保有者には、限定メニューの提供や優待割引を行うことで、新たな付加価値を開発する。

また、同社では「DENTO」の購買・利用データの分析によって新しい生活様式に適合した移動・就労サービスを開発し、利便性・快適性を提供する。2021年度以降、展開エリアやターゲット層を拡大しながら、多様化したニーズに合致した価値を提供し、激変する環境の中でも「選ばれ続ける東急線沿線」の実現を目指すとしている。

《レスポンス編集部》

ピックアップ