GLAとは結構違う?発表間近のメルセデスベンツ EQA、最終デザインが露出

メルセデスベンツ EQA プロトタイプ(スクープ写真)
メルセデスベンツ EQA プロトタイプ(スクープ写真)全 28 枚写真をすべて見る

メルセデスベンツは現在、同ブランド最小のフルEVクロスオーバーSUVとなる『EQA』を開発中だが、その最新プロトタイプをカメラが捉えた。

EQA市販型は、「MAF II」プラットフォームを採用。コンセプトモデルでは3ドアハッチバックだったが、約100mm全高をアップ、5ドアの『GLA』EVバージョンとして発売される。

ドイツ市街地でキャッチした車両は、フロント&リアに最小限のカモフラージュのみとなり、ほぼフルヌード状態だ。パワートレイン、シャーシ、ステアリングにいくつかの最終調整を残すのみで、すでに公開準備は整っていると見られる。

メルセデスベンツ EQA プロトタイプ(スクープ写真)メルセデスベンツ EQA プロトタイプ(スクープ写真)
エクステリアには、GLAと識別できるいくつかのポイントがあるが、もっとも顕著なのは、イルミネートアクセントを特徴とするフロントマスクだろう。グリルそのものも専用デザインが採用されているほか、クロームトリムで囲まれたベントを備える専用リアバンパー、助手席側に充電ポートを装備する。Aピラー付近には「EQA」バッジが付いている可能性がありそうだ。

最終的な市販型では、60~110kWhのバッテリーパックユニットを用意、最高出力201hp、268hp、335hpという3段階のモーター出力が用意され、1回の充電で248マイル(400km)以上の航続が可能だという。

EQAのワールドプレミアは、2020年内に期待されていたが、新型コロナのパンデミックにより延期されており、今後数週間から数か月以内とみられる。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV