【ヤマハ YZF-R25 まとめ】若者のバイク離れなんのその…価格や開発者インタビュー、試乗記

ヤマハ YZF-R25(2020年)
ヤマハ YZF-R25(2020年)全 4 枚写真をすべて見る

ヤマハの250ccスーパースポーツ『YZF-R25』。ボアアップされた兄弟車『YZF-R3』と共に、2014年のデビューから若者を中心とする人気を博している。年を重ねると共にブラッシュアップが施され、2021年モデルはカラーリングが変更された。

目次

  1. 250ccスーパースポーツ YZF-R25 発売…新開発の水冷2気筒エンジン搭載
  2. 毎日乗れるがコンセプト、日頃のシーンで“イージースポーツ”
  3. 20代に人気、YZF-R25 がマイナーチェンジ 新デザインや倒立フロントフォークを採用
  4. 【YZF-R25/R3 試乗】価格は僅差!軽快なR25か、7psプラスアルファのR3か…青木タカオ
  5. 若者に人気の理由は、日常と“R”のバランスにあった…開発者インタビュー
  6. 2021年モデル発売へ トレンドカラー「シアン」を採用
  7. 【試乗】価格も「すべてがちょうどいい」スポーツバイクのスタンダード…伊丹孝裕

250ccスーパースポーツ YZF-R25 発売…新開発の水冷2気筒エンジン搭載

ヤマハ発動機は、249cc水冷2気筒エンジンを搭載したフルカウルロードスポーツモデル『YZF-R25』を12月15日より発売する。

YZF-R25は、「毎日乗れるスーパーバイク」をコンセプトに、クラス最高レベルのエンジン出力とRシリーズを継承する軽量な車体とデザインにより、高次元な走行性能とスタイルを具現化。また、デイリーユースでの軽快な走行性と扱いやすさ、さまざまなシーンでの爽快な走りを実現している。

[続きを読む]

250ccスーパースポーツ YZF-R25 発売…新開発の水冷2気筒エンジン搭載 画像

ヤマハ・YZF-R25ヤマハ・YZF-R25

毎日乗れるがコンセプト、日頃のシーンで“イージースポーツ”

ヤマハ発動機は、新型250ccスポーツバイク『YZF-R25』を12月15日から発売する。価格は55万6200円。YZF-R25は、2013年の東京モーターショーでワールドプレミアされたコンセプトモデルの市販版。250ccクラス最高レベルのエンジン出力(36ps)を誇り、“毎日乗れるスーパーバイク”がコンセプトである。

[続きを読む]

毎日乗れるがコンセプト、日頃のシーンで“イージースポーツ” 画像

  • ヤマハ YZF-R25
  • ヤマハ YZF-R25
  • ヤマハ YZF-R25
  • ヤマハ YZF-R25
  • ヤマハ YZF-R25
  • ヤマハ YZF-R25

20代に人気、YZF-R25 がマイナーチェンジ 新デザインや倒立フロントフォークを採用

ヤマハ発動機は、250ccロードスポーツの『YZF-R25』および『YZF-R25 ABS』をマイナーチェンジし、3月28日より発売する。

YZF-R25は、2014年の発売以来、スポーティかつスタイリッシュなスタイリングや高い走行性能、日常での扱いやすさなどで、20代を中心としたユーザーに支持されている人気モデル。

[続きを読む]

20代に人気、YZF-R25 がマイナーチェンジ 新デザインや倒立フロントフォークを採用 画像

ヤマハ YZF-R25 ABSヤマハ YZF-R25 ABS

【YZF-R25/R3 試乗】価格は僅差!軽快なR25か、7psプラスアルファのR3か…青木タカオ

若者に支持されるR25 & R3

“若者のバイク離れ”が深刻と言われているが、そのスタイリッシュさから若年層にも高い人気を誇っているのが、ヤマハ『YZF-R25』そして『YZF-R3』だ。

そういえば、昔からヤマハは若い人たちから支持されてきた。どことなくスマートでオシャレ。キムタクこと木村拓哉さん扮する美容師の主人公が、テレビドラマの中で乗っていたバイクもヤマハ『TW200』だったし、世界最高峰グランプリ「MotoGP」のヤマハ・エースライダー、ヴァレンティーノ・ロッシ選手も銀幕の俳優みたいにカッコイイ。

[続きを読む]

【YZF-R25/R3 試乗】価格は僅差!軽快なR25か、7psプラスアルファのR3か…青木タカオ 画像

ヤマハ YZF-R3ヤマハ YZF-R3

若者に人気の理由は、日常と“R”のバランスにあった…開発者インタビュー

“若者のバイク離れ”などと言われているが、本当なのだろうか。少なくともヤマハ『YZF-R25/ABS』そして『YZF-R3 ABS』には当てはまらない。なんと、ユーザー層の60%が10~20代だというから驚くばかりだ。

税抜き新車価格は『YZF-R25』だと55万5000円、『YZF-R25 ABS』が59万5000円、『YZF-R3 ABS』なら62万5000円。若年層にしてみれば、決して安くはない価格帯でありながら絶大な人気がある。これほどの商品訴求力の高さ、モーターサイクルに限らず世の中のあらゆる製品を見渡しても思いつかない。

[続きを読む]

若者に人気の理由は、日常と“R”のバランスにあった…開発者インタビュー 画像

  • ヤマハ YZF-R25/R3 開発者インタビュー
  • ヤマハ YZF-R25
  • ヤマハ YZF-R25/R3 プロジェクトリーダーの重富祐哉さん
  • ヤマハ YZF-R25/R3 開発者インタビュー
  • ヤマハ YZF-R25/R3のパワートレイン開発を担当した三浦徹さん
  • PF車両ユニット PF車両開発統括部の内田徹也さん

2021年モデル発売へ トレンドカラー「シアン」を採用

ヤマハ発動機は、スーパースポーツ『YZF-R3 ABS』および『YZF-R25 ABS』のカラーリングを変更。新色「シアン」を採用した2021年モデルを1月15日より発売する。

水冷4ストロークDOHC直列2気筒320cc/249ccエンジンを搭載するYZF-R3 ABS/YZF-R25 ABSは、「毎日乗れるスーパーバイク」をコンセプトに開発。スポーティなスタイリングと走行性能に加えて、日常での扱いやすさを兼ね備え、20代を中心とした若年層に支持されているモデルだ。

[続きを読む]

2021年モデル発売へ トレンドカラー「シアン」を採用 画像

  • ヤマハ YZF-R3 ABS(シアン)
  • ヤマハ YZF-R3 ABS(シアン)
  • ヤマハ YZF-R3 ABS(マットダークグレーメタリック)
  • ヤマハ YZF-R3 ABS(マットダークグレーメタリック)
  • ヤマハ YZF-R3 ABS(ディープブルーメタリック)
  • ヤマハ YZF-R25 ABS(シアン)

【試乗】価格も「すべてがちょうどいい」スポーツバイクのスタンダード…伊丹孝裕

250ccの国産スポーツバイクの中、最もバランスに優れているのが、ヤマハ『YZF-R25』だ。ライディングの基本を学べる良き素材であり、街乗りやツーリングはもちろん、サーキットにおけるスポーツ走行もフォロー。ナチュラルなハンドリングが積極的な操作を促してくれる。

ここで言う国産スポーツバイクとは、ホンダ『CBR250RR』、スズキ『GSX250R』、スズキ『ジクサー SF250』、カワサキ『Ninja ZX-25R』といった同排気量帯のモデルである。フルカウルとセパレートハンドルを備え、日本はもとより東南アジアでも人気のカテゴリーだ。

[続きを読む]

【試乗】価格も「すべてがちょうどいい」スポーツバイクのスタンダード…伊丹孝裕画像

ヤマハ YZF-R25ヤマハ YZF-R25

《滑川寛》

ピックアップ