スズキ ハヤブサ 新型、インドで発売へ---海外工場で初の組み立て

インドの新型ハヤブサ組立ライン
インドの新型ハヤブサ組立ライン全 2 枚写真をすべて見る

スズキのインドにおける二輪車の生産販売子会社であるスズキ・モーターサイクル・インディア社(SMIPL社)は4月26日、新型「Hayabusa(ハヤブサ)」を発表。日本から部品を輸出し、SMIPL社の工場で組み立てを行い、5月よりインド国内で販売を開始する。

新型ハヤブサは、高い空力特性を持つ独特のデザインや優れた走行性能で世界中のユーザーから好評を得ているスズキのフラッグシップモデルの3代目。2月より欧州をはじめ、北米、日本など全世界で順次販売を開始しており、今回新型ハヤブサとして初めて海外工場で組み立てを行う。

SMIPL社は2016年3月より、2代目ハヤブサをはじめとする大型二輪車の組み立てを行っており、新型ハヤブサの組み立てを通じて同社の高い技術力をアピールするとともに、インドにおけるスズキブランドの存在感を高める。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ