スズキ ジムニー が2シーターで復活…台数限定で英国導入へ 背景

スズキ・ジムニー LCV(英国仕様)
スズキ・ジムニー LCV(英国仕様)全 4 枚写真をすべて見る

スズキの英国部門は7月1日、『ジムニー LCV』(Suzuki Jimny LCV)を英国市場に、2021年内に導入すると発表した。『ジムニー』が、英国で1年ぶりの復活となる。

ジムニー LCVは、欧州向け『ジムニー』(日本名:『ジムニーシエラ』に相当)の商用車バージョンだ。スズキの英国部門は2020年7月、ジムニーの英国導入を中止すると発表した。すでに英国スズキは、ジムニー以外のラインナップを、ハイブリッド車やトヨタからOEM供給を受けるプラグインハイブリッド車(PHV)に切り替えている。これは、現地の環境規制への対応だ。ハイブリッドなどの電動化技術を持たないジムニーを販売すると、英国スズキの平均CO2排出量を引き上げることになるため、英国導入が中止されていた。

しかし今回、ジムニー LCVとして、英国市場にジムニーが1年ぶりに復活した。乗用車ではなく、商用車としての導入となったのは、商用車のほうが乗用車よりも、1台あたりの平均CO2排出量目標値が緩いためだ。

ジムニーLCVは後席を廃止して、2名乗りの小型商用車(LCV)としているのが特徴。荷室には、フラットフロアと金属製のパーティションを備えており、容量は863リットルとした。これは乗用仕様のジムニーの後席を折り畳んだ時よりも、33リットル多い容量だ。

スズキ・ジムニー LCV(英国仕様)スズキ・ジムニー LCV(英国仕様)

商用車になっても、ジムニーならではのオフロード性能は健在という。ラダーフレーム、3リンクリジッドアクスル式サスペンション、ロートランスファーギア付きパートタイム4WD「ALL GRIP PRO」を装備する。足元には、シンプルな15インチのブラックスチールホイールを採用した。

なお、スズキの英国部門は、ジムニーLCVはビジネスプロフェッショナルのニーズを満たすモデルであり、2021年内に台数限定で導入する予定、としている。

スズキ・ジムニー LCV(英国仕様)スズキ・ジムニー LCV(英国仕様)

《森脇稔》

【画像】スズキ ジムニー が2シーターで復活…台数限定で英国導入へ 背景(4枚)
スズキ ジムニーの燃費はこちら!

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ホンダ、3列シートの小型SUV『BR-V』新型を発表…インドネシア
  2. 幻の日産「MID4」がついに現実に!? 謎のアルピーヌ開発車両をスクープ
  3. 日本再上陸のオペル いつから買えていつから乗れるの?
  4. 日産 スカイライン のインフィニティ版、『Q50』に2022年型…最強版は405馬力
  5. 北米SUVオブザイヤー2022、日産やジープが残る…第2次選考9車種
  6. 【あと24時間アンケート】スバル WRX 新型…第一印象おしえて
  7. フォード ブロンコ 新型に高性能な「ラプター」、2022年に登場へ
  8. 21世紀に開業、SLや新幹線もあった…来春に廃止の方向、函館本線流山温泉駅
  9. 【スズキ ワゴンRスマイル 新型試乗】スライドドアだけじゃない、ひと味違う「こだわりワゴン」…島崎七生人
  10. ホンダ シビック 新型、日本にない2.0リットル自然吸気エンジン設定…米国発売
ランキングをもっと見る