「サバンナ」登場から50年、初代マツダ「RX-3」はどんなクルマだったか【懐かしのカーカタログ】

マツダ・サバンナ
マツダ・サバンナ全 9 枚写真をすべて見る

マツダ『サバンナ』の登場は昭和46年(1971年)、今からちょうど50年前となる。そこで今回は、1世代で『サバンナRX−7』にバトンを渡したこの初代「RX−3」をカタログで振り返ってみたい。

ホットな、マツダらしいクルマだった

マツダ・サバンナマツダ・サバンナ
「直感、サバンナ」のキャッチコピーで登場した『サバンナ』。いうまでもなく『コスモスポーツ』(67年)、『ファミリア・ロータリークーペ』(68年)、『ルーチェ・ロータリークーペ』(69年)、『カペラ』(70年)に続くロータリーエンジン搭載車だった。同時デビューの『グランドファミリア』をレシプロエンジン搭載車とする一方で、『サバンナ』はロータリーエンジン専用車としたのが特徴だった。

黄/黒2トーンボディの写真は当時(東洋工業時代)のモーターショーで配布されたパンフレットから。外観では、フロントグリルにローターを模ったオーナメントが誇らしげに配されている。写真の下には、ロータリーエンジン開発の提携相手だった“NSU-WANKEL”のクレジットが小さく入っている。

実車は全長×全幅×全高=4075×1595×1355mmと今から見ればコンパクトなボディサイズながら、筋肉質的な抑揚のあるスタイル(とくにクーペ)で、みるからにスポーティな雰囲気を漂わせていた。

マツダ・サバンナマツダ・サバンナ
搭載するロータリーエンジンは、当初は『ファミリア・ロータリークーペ』譲りの10A型(491cc×2ローター、105ps/13.7kg−m)だったが、72年になると12A型(573cc×2ローター)を投入。この12Aは120ps/16.0kg−mから、73年になり、当時の50年排出ガス規制に適合させ(さらに75年には51年規制に適合)、性能も125ps/16.5kg−mに高められている。

サーキットは71年12月に「サバンナRX−3」としてデビュー。72年5月の日本グランプリではワークスGT−Rを破り1-3位を独占。76年5月のJAFグランプリでは、レース参戦通算100勝を達成している。

マツダ・サバンナマツダ・サバンナ
カタログは77年当時、ほぼ最終型S124のもので、フラッグシップのGTが設定された2ドアのクーペのほか、4ドアセダン、さらにはスポーツワゴンまでも用意されているのが注目だ。同年式の搭載エンジンはすべて12Aとなっており、当時の諸元表には“0→400m加速”の記載があり、GTは“15.8(2名)秒”となっている(セダン15.8秒、ワゴン16.1秒!)。

このGTはサスペンションが強化タイプとなり、メーター類の視認性を考慮したシースルースポークタイプのステアリングホイールが装着された。低公害車の規制をクリアしながらもあくまでもホットな、マツダらしいクルマだった。

マツダ・サバンナマツダ・サバンナ

《島崎七生人》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トヨタの新型ミッドシップ計画は生きていた!? アンダー600万円で出るか「MR2」後継
  2. 【シトロエン C3エアクロス 海外試乗】マイチェンを経てなお、成熟したスモールSUV…南陽一浩
  3. 【トヨタ GR 86 & スバル BRZ 新型試乗】私がラリーで使うなら『BRZ』を選ぶかな…竹岡圭
  4. 【ホンダ シビック 新型試乗】硬質感ある乗り心地も、走るほどに好感触…中村孝仁
  5. ランドローバー レンジローバー 新型、10月26日デビューが決定
  6. 新型『インテグラ』はターボチャージャーエンジン搭載?…今週読まれた記事ランキング
  7. ベントレーが空軍基地でドリフト、659馬力を解き放つ…コンチネンタル GT スピード 新型[動画]
  8. 大型タブレットを設置&充電、ドリンクホルダー設置型車載ホルダー登場
  9. 最近のクルマはなぜステアリングが太いのか?
  10. 世界的な半導体不足、なぜ今起きているのか---その原因と解決への道筋は?
ランキングをもっと見る