◆終了◆2/21【無料・オンラインセミナー】CES2024レビュー EVとAIから自動車産業の未来を探る

◆終了◆2/21【無料・オンラインセミナー】CES2024レビュー  EVとAIから自動車産業の未来を探る
◆終了◆2/21【無料・オンラインセミナー】CES2024レビュー EVとAIから自動車産業の未来を探る全 1 枚

株式会社イードは、オンラインセミナー「CES2024レビュー EVとAIから自動車産業の未来を探る」を日本アイ・ビー・エム株式会社の協賛で2月21日(水)に開催します。本セミナーの参加費は無料です。



------------------------------------------------------------
開催日時:2024年2月21日(水)10:00~12:00
申込締切:2024年2月19日(月)12:00
主催:株式会社イード(レスポンス)
協賛:日本アイ・ビー・エム株式会社
参加費:無料
-------------------------------------------------------------

<講演1>HONDA VS SONY-HONDAが面白い。家電業界地図の変化、そしてデジタルヘルス
株式会社イード レスポンス編集長 三浦 和也

もうひとつのモーターショーとしてのCES2024の注目は、HONDA,SONY HONDA Mobility,そしてKIAのEVだったと思う。とくにHONDAの新しいEVのコンセプトや勝ち筋については現地でインタビューできたのでその様子と共にお伝えしたい。

その他、VinFastも注目すべき車種を展示していたし、車内体験のAIによる深化も注目だったが、そこは程塚さんのパートにお譲りする。家電展示で印象的だったのは、テレビ市場がいよいよ新しいタームに入ったこと。王者サムスンが次期戦闘機をアピールし、LGはステルス爆撃機を発表した。しかしボリュームゾーンの勢いは中国勢だろう。今年はコロナ以降増殖し続けているデジタルヘルス関連の展示に大異変が起きた。従来のサテライト(ベネチアン)会場から溢れ出し、本会場(LVCC)ノースホール、つまりホンダと同じホールに移ってきたのだ。来年以降のCESを示唆する事件である。

<講演2>広がる裾野と深まる内面-CES2024に見る自動車産業の方向性-
株式会社日本総合研究所 創発戦略センター シニアマネジャー 程塚 正史 氏

米国市場のEV普及は急加速も急減速もありえる状況。各社もその両方の可能性を織り込んで方針を考えているはずだ。CES2024では、クルマに関して2つの方向性が見いだされた。1つ目は、ベトナムのVinFastやトルコのToggの存在感の大きさが象徴する、EVメーカーの裾野の拡大だ。2つ目は、生成AIの車載化や、車載化可能な透明ディスプレイの実用化など、車室内機能の高度化だ。これら2つは無関係なようでいて根深いところで相互に絡み合ってもいる。本講演では、様々な動きが見られる混沌としたCESのイメージを、このような切り口から共有したい。

<講演3>技術者から見たCES2024最新動向とEV開発を支える要素技術
日本アイ・ビー・エム株式会社 IBM コンサルティング事業本部
グローバル オートモーティブ コンピテンシー センター
日本IBM 自動車産業担当 CTO 川島 善之 氏

CES2024では、これまでとは異なりAI等の要素技術が当たり前の様に組み込まれて、自動車に限らず製品企業全体でコンセプトユースケースが広がりを持ち、かつ深化していた点に注目した。本講演では、IBMが提供するソフトウェアやAIなどの要素技術がどのようにEVや自動運転、センサーデータを活用するConnected Vehicle、Software Defined Vehicleなどに活用されているのか実際の実用事例を交えて紹介する。

[インタビュー]CES 2024で見たAI活用と自動車技術開発の最前線…日本アイ・ビー・エム 川島善之氏×日本総合研究所 程塚正史氏[インタビュー]

<講演4>EV化におけるIT技術とAIの役割
日本アイ・ビー・エム株式会社
IBM Institute for Business Value
自動車・電機・エネルギー産業リサーチ・グローバルリーダー
鈴木 のり子 氏

IBMが昨年実施したEVスタディでは、2030年までに全世界のEV販売シェアは30%と予測されている。本講演では、電動化が進むことで商品やサービス、企業の業務はどう変わるのか、AIが果たす役割をデータと共に考察する。


[インタビュー]EV開発における攻めと守りのAI活用、新たな顧客体験やサービスからセキュリティまで…日本アイ・ビー・エム 鈴木のり子氏[インタビュー]

<パネルディスカッション>
- CES2024から見たEVの現状と今後の流れ
- 米国、欧州、中国などの市場動向の考察
- EV化におけるIT技術&AIの役割
- 日本のOEM、サプライヤーにとっての勝ち筋とは

【パネリスト】
株式会社日本総合研究所 創発戦略センター シニアマネジャー 程塚 正史 氏

日本アイ・ビー・エム株式会社 IBM コンサルティング事業本部
グローバル オートモーティブ コンピテンシー センター
日本IBM 自動車産業担当 CTO 川島 善之 氏

日本アイ・ビー・エム株式会社
IBM Institute for Business Value
自動車・電機・エネルギー産業リサーチ・グローバルリーダー
鈴木 のり子 氏

【モデレーター】
株式会社イード レスポンス編集長 三浦 和也

<質疑応答>
質問は、セミナーの申込フォームからご記入ください。

主催

株式会社イード

協賛

日本アイ・ビー・エム株式会社

オンラインセミナー概要

・Microsoft Teams LIVEを使用いたします。アカウント無しでPC、タブレット、スマホなどのアプリやwebブラウザで視聴できます。
・質問は、セミナーの申込フォームからご記入ください。
・視聴情報は、開催前日の夕刻に準備いたします。レスポンスへログイン後、右上のお名前を押してマイページのセミナー申込履歴よりご確認ください。(日本アイ・ビー・エム株式会社の競合他社様以外)

注意事項

・オンラインセミナーは、インターネットの回線状態などにより、画像や音声が乱れる場合があり、また、状況によっては、講義を中断し、再接続して再開する場合があります。
・万が一、インターネット回線状況や設備機材の不具合により、開催を中止する場合があります。
※日本アイ・ビー・エム株式会社の競合他社様はご参加を遠慮いただく場合があります、あらかじめご了承ください。

連絡先

お問い合わせはこちらから

《レスポンス編集部》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. <新連載>[カーオーディオ・素朴な疑問]純正スピーカーって、音が悪いの?
  2. あの『i-ROAD』の元トヨタエンジニアが新会社で挑む「無駄のないモビリティ」とは
  3. 【マツダ ロードスターRS 新型試乗】新旧比較で実感した「アシンメトリックLSD」の真価…諸星陽一
  4. アルピーヌA110ベース、ザガート『AGTZツインテール』発表…ボディの長さが変えられる
  5. 樹脂パーツの救世主! DIYで使える強力補修剤とは?~Weeklyメンテナンス~
  6. 【トヨタ ヴェルファイア 新型試乗】アルファードにはないターボ仕様を選ぶ価値…中村孝仁
  7. 釣りをより快適に、ヤマハ発動機が新型フィッシングボート「YFR330」発売へ
  8. ビッザリーニ、日本市場に進出:復活のV12スーパーカー
  9. [低音増強でカーオーディオはもっと楽しくなる]「ドアスピーカー」の低音再生能力を引き出す!
  10. 米マツダ最高値、『CX-70』は4万0445ドルから…CX-90を上回る
ランキングをもっと見る