19歳の路線バス運転手が京都市に誕生---免許の取得条件が緩和

中出ドライバーと市バス
中出ドライバーと市バス全 2 枚

京都市交通局横大路営業所において、MKグループが管理を受委託している路線で、2月8日に市交通局史上最年少となる19歳の路線バス運転手が誕生した。大型第二種自動車運転免許の取得条件が緩和されたことによるもの。

中出ドライバーと市バス中出ドライバーと市バス

2022年5月に施行された改正道路交通法により、大型第二種自動車運転免許の受験資格が、年齢は従来の21歳以上から19歳以上へと引き下げられ、普通免許取得期間も3年以上から1年以上に短縮され、特別な教習を終了することで、従来より若い年齢での運転免許試験受験が可能となった。この規制緩和は、ドライバー不足というバス業界の課題に対する一つの解決策だ。

19歳バスドライバーは2004年4月生まれの中出丈さん。高校在籍中に普通免許を取得し、2023年11月にMKグループに入社した。普通免許取得から1年が経過したことで、同年12月に大型二種免許を取得。先輩社員の指導のもと、路線バスの運転経験を積み、84系統、南8系統、臨南5系統、16系統の4路線を担当する運転手として2月8日に独り立ちを果たす。

中出ドライバーは「中学の修学旅行で乗った観光バスのドライバーが格好良く憧れていて、21歳になったら免許を取りに行こうとずっと思っていた。19歳でバスドライバーになれる制度ができて、私が先陣を切る。将来は経験を積んで観光バスも運転したい」とコメント。

MKグループは、タクシー事業だけでなく、バス事業にも50年近い歴史を持つ。同社では、免許取得費用の助成や転職・転居支援のための特別支援金など、ドライバーのキャリア形成を支援する制度を用意しており、新たなドライバーの採用に積極的だ。

《レスポンス編集部》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. <新連載>[カーオーディオ・素朴な疑問]純正スピーカーって、音が悪いの?
  2. あの『i-ROAD』の元トヨタエンジニアが新会社で挑む「無駄のないモビリティ」とは
  3. 釣りをより快適に、ヤマハ発動機が新型フィッシングボート「YFR330」発売へ
  4. 【マツダ ロードスターRS 新型試乗】新旧比較で実感した「アシンメトリックLSD」の真価…諸星陽一
  5. 樹脂パーツの救世主! DIYで使える強力補修剤とは?~Weeklyメンテナンス~
  6. [低音増強でカーオーディオはもっと楽しくなる]「ドアスピーカー」の低音再生能力を引き出す!
  7. 【トヨタ ヴェルファイア 新型試乗】アルファードにはないターボ仕様を選ぶ価値…中村孝仁
  8. アルピーヌA110ベース、ザガート『AGTZツインテール』発表…ボディの長さが変えられる
  9. ビッザリーニ、日本市場に進出:復活のV12スーパーカー
  10. 米トヨタ、新ターボ「i-FORCE」エンジンの生産を開始…タコマ新型に搭載
ランキングをもっと見る